ハワイ島のチャーターならガイド歴24年、キラウエアを知り尽くした和田タイチョーにおまかせ!ハワイ島探検隊の「和田探検隊日誌」

和田タイチョーの日々を綴る和田探検隊日誌

« タイチョー号シエナの窓のウォータースポット取り | トップページ | 2015年の仕事中に撮った写真Part2 »

2015年3月18日 (水)

2015年の仕事中に撮った写真Part1

みなさんAloha!

日本も春の訪れを告げるように、たくさんの春の花が咲き、気温も暖かい日も増えてきたようですね。梅の花の美しい写真をFaceBookなどで見かるようになり、遠くハワイで楽しんでいます。厳しい四季がある分、美しい自然のイベント多い日本です。

ハワイ島には日本の様な四季はありませんが、それでも季節ごとの自然のイベントはたくさんあります。雪化粧をするマウナロア、マウナケアの両山頂、冬の渡りでやってくるザトウクジラ、季節の花々と気をつければ季節も味わうことができます。

そんなハワイ島の2015年の冬から春までの、仕事中に撮った写真をアップしてみます。

お正月明けは強い風が吹きました。プナルウ黒砂海岸は体に砂がバチバチ飛んで来て痛いほどでした。空気はきれいでしたが、海はシケ模様。
Img_7455

Img_7456

水源のコハラ山で降った雨で増水したケアヌイオマノ・ストリーム。普段は矢まで振った雨が湧水として湧き出し流れ、また水はけの良い玄武岩に浸み込み、海に行く前に枯れてしまう小川ですが、この日は海まで勢いよく流れていました。年に数えるほどの珍しいことです。
Img_7461

ウィンターストームの影響で、いつもの事ですが折れやすいロブスタユーカリが電線を切断し、ワイメア~ホノカア周辺は停電となりました。いつも思うのですが、ユウカリとアルビジアは道路沿いから撤去すべきです。本当に危険な木です。
Img_7464

ワイピオ渓谷のATVのツアーにお連れしたのですが、前日からのストームの影響でツアー催行されるか不安で、業者さんに電話しても留守電。連絡が付かずとりあえず現地に行ってみることに。ワイピオ周辺は携帯電話が通じないのですが、固定電話も停電でアウト。ATVのコースが倒木で走れずキャンセルになり、ワイピオシャトルは運行するとの事で、急遽ワイピオシャトルに変更して谷の中を楽しんできてもらういました。こういう日は臨機応変に対応するしかありません。空き時間に渓谷をルックアウトから展望しましたが、川の水が濁流だった為海はきれいに二色に分かれました。
Img_7465

ワイメアのパーカーランチから雪化粧のマウナケアが顔を出しました。乾季には茶色い草原ですが、折からの雨で緑になりました。
Img_7468

Img_7470

ハワイ島北東部の熱帯雨林地帯のアカカの滝州立公園から、マウナケアが見える日は少ないですが、この火は雪をかぶったマウナケアが良く見えました。この日はハマクアがリーワードになったため気鋭に晴れ上がりました。ハワイ島は風向きによっても天気が大きく変わります。
Img_7560

2月の初旬のコナの町にある、ハワイ最古のキリスト教の教会モクアイカウナ教会。
1820年に開かれた教会で、今の建物が完成したのが1837年。それ以来コナのランドマークになっています。ちなみに私はここで結婚式をしました。
Img_7614

早朝の聖地プウホヌア・オ・ホナウナウです。まだマウナロアの稜線から太陽が昇っていない時間で西の空はまだほんのり薄暗く、月がまだ存在感を残していました。ヤシもシルエット状態で、朝のパキッとした空気感に包まれています。
Img_7620

ついに太陽がマウナロアから上がってきました。背の高いヤシはいち早く陽光を浴び温かさに包まれます。一日の始まりを感じさせる一瞬です。早起きは三文の徳と言いますが本当です。
Img_7623

ハワイアンの王家と使える者たちが朝食を終え、Halau(カヌー小屋)からカヌーを漕ぎ出しそうな雰囲気。早朝はほかに観光客もいず、普段とはまた違った雰囲気で、想像力をかきたてられます。
Img_7628

ポリネシア人が最初にハワイに上陸したといわれるサウスポイント。どこまでも青くマーケサスから約3500kmのた旅をした人々は、この地に立って何を思ったのだろう?そしてどんな風景だったのだろう?
D75_2687rm

D75_2689rm

フラとウクレレの3人のお嬢さんたち。一見ウクレレ漫談が始まりそうですが、強い思いがあってハワイ島にやってきました。でも車内は爆笑の連発でしたが。
Img_7633

プナルウ黒砂海岸ネタをも一つ。ここにはスイレンとホテイアオイが咲く池があります。その周りにはトロピカルアーモンドの木が生えていますが、この木は落葉時に紅葉します。常緑広葉樹ですから、日本の紅葉の様に一斉に赤くなって散っていくのではなく、緑の葉と紅葉が同居する紅葉です。大きめの葉は紅葉すると近くで観るととても美しいです。
Img_7637

以上、1月~2月初旬の写真でした。

また、続編をアップします。
では、また Aloha~!

|

« タイチョー号シエナの窓のウォータースポット取り | トップページ | 2015年の仕事中に撮った写真Part2 »

ハワイ島探検隊ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイチョー号シエナの窓のウォータースポット取り | トップページ | 2015年の仕事中に撮った写真Part2 »