ハワイ島のチャーターならガイド歴24年、キラウエアを知り尽くした和田タイチョーにおまかせ!ハワイ島探検隊の「和田探検隊日誌」

和田タイチョーの日々を綴る和田探検隊日誌

« キラウエア火山最新情報1/14/2015 | トップページ | タイチョー号シエナの窓のウォータースポット取り »

2015年1月16日 (金)

マウナロア山星空観測ツアー

皆さんこんにちは。

今日は弊社ウエブページでもご紹介している“マウナロア星空観測ツアー”についてご紹介します。

星空観測ツアーといえばマウナケアが有名ですね。世界一の星空といわれているのが、マウナケア山頂付近の天文台が立ち並ぶエリア4200mです。

しかしマウナケア山頂は天文台の聖域です。世界最先端の研究、観測を行う最前線です。そこで民間のツアー会社がレーザーポインターを使って星空ツアーを行うわけには行きません。天文観測で最も有害なのは光です。天文の世界ではこうがいは公害ではなく光害といいます。山頂でサンセットを観た後、概ね標高2800m付近のオニズカビジターセンターに下山して、その付近での星空観測となります。中にはその日のよってサドルロードの1800mまで下りて星を観る場合もあります。

またマウナケアは、昔に認可を取った8社のみがお客様をお連れできる規則です。弊社のような新規参入の会社は認可を受ける事はできません。山頂の環境への配慮やハワイ原住民への配慮です。しかし、最近はレンタカー会社が認めていないにもかかわらず、大量のレンタカーが山頂やオニズカビジターセンターに押し寄せています。

ツアー会社には厳しい規制と入山料を課しています。しかもその値段は上がる一方で認可を受けた会社にとって大きな負担となっています。ところがなぜかレンタカーは野放し状態で入山料もありません。大量のレンタカーによって道路は激しく痛み、その整備費用をなぜかツアー会社から回収するという矛盾が生じています。

しかも天体観測のマナーを知らないレンタカーは、ハイビームで星を観ている人を照らし、懐中電灯を人に向けたりと星を観る環境を壊し始めています。

世界一の星空を守る為に、これらの事を真剣に変えて行かなくてはいけないと思います。マウナケアの認可を持った会社が中心になって改善の要求をしていくべきだと思います。
レンタカーの規制や料金の徴収、マナーの徹底などをレンジャーに責任を持ってやって欲しいものです。

さて、本題の弊社のツアーですが、そんなマウナケアの南西にそびえ立つ巨峰がマウナロアです。4170mの活火山で、海の下には13000mもの高さの巨体が隠れています。マウナロアが産声をあげた場所からナント17000m以上も溶岩を積み上げた世界一の火山です。

この山腹の標高2100m~3000m付近の雲の上に出た場所で星空を観ます。なだらかな稜線のマウナロアは障害にならず、空を広~く見渡すことができます。マウナロアはケアと違いなだらかな為、標高を上げるのに狭い道を長く走らなければいけません。そのためお時間も掛かり、手間も掛かる為ほぼ弊社の貸し切り状態です。

地面に寝転び空を見上げれば、視界に陸地はほぼ見えません。人間の視野は180~200度と言われています。この場所は東西方向はほぼ180度近く視界が広がりますので、まるでプラネタリウムのようです。(本当はプラネタリウムがが星空みたいなんですけどね)

ではどんな星空か?私が撮った写真で観てみましょう。

下の写真はおおいぬ座方向の冬の天の川です。夏と比べて非常に地味な冬の天の川ですが、たくさんの小さな星が集まっています。右上にはオリオン座の三ツ星と小三ツ星写っています。一番明るいのがシリウスです。下の地面はどこまでも続く溶岩地帯です。

D75_2186_2
全ての写真はクリックすると大きくなります。ぜひ大きくしてみて下さい。

次の写真はそのオリオン座の三ツ星と小三ツ星付近で、小三ツ星の真ん中の天体がM42,M43のオリオン大星雲です。ガスの中で輝き始めたトラペジウムが照らし出しています。

D75_2194

この場所は人工の明かりが一切ありませんので、星明りを堪能できます。
満天の星に照らされて道路や車、人が見えます。星明りだけで弊社の車タイチョー号1号のシエナを撮ってみました。ボディーにはたくさんの星が反射しています。

D75_2180

弊社のマウナロア星空観測ツアーでは、Nikon社製の高視野高性能双眼鏡を各自にお配りし、天の川や星団を自由に眺めて頂きます。天体望遠鏡にてタイチョーがその夜毎におススメの天体をチョイスして観望して頂きます。また天文用高輝度グリーンレーザーにて夜空をプラネタリウムみたいに詳しくご案内いたします。次の写真はそのグリーンレーザーでオリオン大星雲を指し示した写真です。

D75_2224

オリオン座がよくわからない方のために上の写真にオリオン座を書いてみましたので参考にして下さい。

D75_2224mod

そのレーザーで社名を道路に書いてみました。

D75_2214

今回の写真は冬なので天の川が寂しいですが、夏は異常に存在感の在る夏の天の川が空にかかるので、もっともっと迫力があります。

さすがのハワイ島も明るい月が空にいると、この様な満天の星は見えません。星を観るのは月例がとても重要です。弊社のマウナロア星空観測ツアーは月齢の悪い日には催行しません。本当に星がきれいに見える最高の条件の日にのみ催行いたします。

きちんとした専用ページを作りましたら、そちらでツアー催行日をお知らせする予定です。今はお手数ですがメールにてお問い合わせ下さい。

誰にも邪魔されない、人工の明かりが無いので星空の写真を撮りたい方にも最適です。貸切だからできることも多々あります。

ハワイ島で最高に美しい星が観られる弊社のマウナロア星空観測ツアー。ぜひご参加ください。タイチョーが契約農園から仕入れたグリーンビーンを、ローストしたコナコーヒーも現地でお飲み頂きます。日本では幻のコナコーヒーですが、その中でも最上級のエクストラファンシーです!

他の観光と組み込んだ時間チャーターやトワイライトキラウエア探検隊ツアーでの星空観測の場合は、コーヒーを適温でサーブできませんので、お飲み物のサービスはありませんのでご了承ください。

では、ご予約をお待ちしております。

|

« キラウエア火山最新情報1/14/2015 | トップページ | タイチョー号シエナの窓のウォータースポット取り »

ハワイ島探検隊ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キラウエア火山最新情報1/14/2015 | トップページ | タイチョー号シエナの窓のウォータースポット取り »