ハワイ島のチャーターならガイド歴24年、キラウエアを知り尽くした和田タイチョーにおまかせ!ハワイ島探検隊の「和田探検隊日誌」

和田タイチョーの日々を綴る和田探検隊日誌

« マウナロア山星空観測ツアー | トップページ | 2015年の仕事中に撮った写真Part1 »

2015年1月28日 (水)

タイチョー号シエナの窓のウォータースポット取り

今日はアイナヌイアドベンチャーズのツアー用車両、シエナ号の窓をピカピカにするプロジェクトです。いつもどのツアーの車よりもピカピカの状態でお迎えに行く!と決めていますが、最近窓にウォータースポットが目立つようになってきました。

水道水は純水ではないため、いろいろなものが溶け込んでいます。日中に洗車しますとハワイの強烈な日差しで窓が熱くなり、水滴が急激に蒸発すると溶け込んだミネラルや消毒剤などが窓に取り残され、ウォータースポットができます。

こびりついたウォータースポットは非常に頑固で、洗車や普通のガラスクリーナーでは到底取れません。着かないようにする事が最善ですが、いつも走行中に窓を拭いていくわけにも行きません。うちのようなツアーをしていると、リゾートでのスプリンクラーによる散水を浴びてしまう事も多く、どう頑張っても着いてしまうのがウォータースポットです。

下の写真の窓の反射は、一見するときれいのに見えますがやはりくすんでいます。奥の窓のから見える遠くの景色も霞んでいます。
D75_2260r
※ 写真は全てクリックすると大きくなります。

下の写真が窓に付いてしまったウォータースポットです。垂れた跡のような模様がそれです。
D75_2261r

全ての窓をダイヤモンド入りの研磨剤で磨いていきます。以前同じようなウォータースポット落しの研磨剤を使ったら、粒子が粗くガラスに磨き傷が付いてしました。この手の物を使う際には、必ずなるべく目立たない小さな面積の場所で試して、問題が無いようなら全体的に作業するようにしましょう。

今回は我が家の自家用車、10年物のピックアップトラックで試しました。全く問題なくきれいに仕上がったので今回商売道具に使う事にしました。今回の研磨剤はAce Hardware で購入しました。ハワイ島にはオートバックスのような大きなカー用品店は無いので、Wal☆Mart、K-Mart、Napa Auto、Ace Hardware などを物色します。

どの店舗も微妙に品揃えは違いますが、他で探して見つからないときは、意外とAceにあったりします。今回は他店よりもウォータースポット落しは品揃えが多かったです。

下の写真がその研磨剤です。
Img_7599

これを手で研磨しましたが、かなり大変なので下のようなスポンジのバッフィングボールのような物を使いました。液剤が飛び散るのが難点ですが楽です。四隅などはうまく磨けませんので(ボディーを研磨してしまうと大変なので)仕上げは手で磨きました。

Img_7600

磨いた後は柔らかいマイクロファイバータオルで拭き上げましたが、ボディーなどに付着していたので高圧洗浄機で吹き飛ばし、その後カーシャンプーで洗車しました。

このままではガラスはすっぴん状態ですので水を弾きません。雨が降れば水の幕で屈折して景色を楽しむことができません。すっぴんになったところでRainXという撥水コートを塗布します。
Img_7602


ワックスを掛けるように円を描きながら塗っていきます。この時に日差しで窓が温まっていると早く乾きすぎてうまくいきません。洗車もワックスもコーティングも、必ず日陰でボディーやガラスが常温の時に行うと上手にできます。走ったばかりもボンネットやフェンダーが熱くなっているので避けましょう。

ちなみに、6月に日本に行った時に買ってきたボディーの艶出しガラスコーティングは、7月にコーティングしましたが、今でも水を弾き汚れを寄せ付けません。通常のワックスでは、雨の中を高速走行すると、ウェストラインから下の撥水効果は2ヶ月持ちません。このガラスコートは宣伝通り一年持つかもしれません。
Img_7604

話は脱線しましたが、常にきれいに保つと、時々行う今回のような大仕事も楽になります。和田家の愛車のトラックは、普段洗ってもらえず汚かったのでメチャメチャ苦労しました。しかも完全には落ちませんでした。シエナ号は日頃のメンテの甲斐あって、メチャメチャきれいな仕上がりになりました。

下の写真が仕上げ後の写真です。反射もクリアーでパキッとした映り込みです。

D75_2268r
※ クリックして写真を大きくして見てみてください。

車窓の景色もきれいに見えます。車内も当然きれいにしていますよ。
D75_2273r

ボディーも7月以降洗車するだけのケアでここまできれいです。
D75_2264rm

最後にこの作業をタイムラプスで撮影しましたので動画をアップします。夜の撮影の設定のままで、撮影間隔が5秒になってしまったため、メチャメチャ早い時間経過になってしまいました。3時間40分位の作業が15秒になってしまいました。どんな作業かさっぱりわかりません。雲の流れを観れば長い時間かかっているということがわかると思います。光も夕方の柔らかい光に変わります。14:00からの作業で、写真を撮り終わったのが16:55でした。さすがに疲れました。時々ブルーの服を着た座敷わらしのような生き物が映りますが、それはタイチョーJrの拓海君です。学校から帰ってきて所々手伝ってくれてます。

タイムラプス動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=EAcfVKZtVTE

長い記事にお付き合い頂きありがとうございました。

Aloha~!

|

« マウナロア山星空観測ツアー | トップページ | 2015年の仕事中に撮った写真Part1 »

和田家の小さな出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マウナロア山星空観測ツアー | トップページ | 2015年の仕事中に撮った写真Part1 »