ハワイ島のチャーターならガイド歴24年、キラウエアを知り尽くした和田タイチョーにおまかせ!ハワイ島探検隊の「和田探検隊日誌」

和田タイチョーの日々を綴る和田探検隊日誌

« 2013年10月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月28日 (水)

タイチョー号シエナの窓のウォータースポット取り

今日はアイナヌイアドベンチャーズのツアー用車両、シエナ号の窓をピカピカにするプロジェクトです。いつもどのツアーの車よりもピカピカの状態でお迎えに行く!と決めていますが、最近窓にウォータースポットが目立つようになってきました。

水道水は純水ではないため、いろいろなものが溶け込んでいます。日中に洗車しますとハワイの強烈な日差しで窓が熱くなり、水滴が急激に蒸発すると溶け込んだミネラルや消毒剤などが窓に取り残され、ウォータースポットができます。

こびりついたウォータースポットは非常に頑固で、洗車や普通のガラスクリーナーでは到底取れません。着かないようにする事が最善ですが、いつも走行中に窓を拭いていくわけにも行きません。うちのようなツアーをしていると、リゾートでのスプリンクラーによる散水を浴びてしまう事も多く、どう頑張っても着いてしまうのがウォータースポットです。

下の写真の窓の反射は、一見するときれいのに見えますがやはりくすんでいます。奥の窓のから見える遠くの景色も霞んでいます。
D75_2260r
※ 写真は全てクリックすると大きくなります。

下の写真が窓に付いてしまったウォータースポットです。垂れた跡のような模様がそれです。
D75_2261r

全ての窓をダイヤモンド入りの研磨剤で磨いていきます。以前同じようなウォータースポット落しの研磨剤を使ったら、粒子が粗くガラスに磨き傷が付いてしました。この手の物を使う際には、必ずなるべく目立たない小さな面積の場所で試して、問題が無いようなら全体的に作業するようにしましょう。

今回は我が家の自家用車、10年物のピックアップトラックで試しました。全く問題なくきれいに仕上がったので今回商売道具に使う事にしました。今回の研磨剤はAce Hardware で購入しました。ハワイ島にはオートバックスのような大きなカー用品店は無いので、Wal☆Mart、K-Mart、Napa Auto、Ace Hardware などを物色します。

どの店舗も微妙に品揃えは違いますが、他で探して見つからないときは、意外とAceにあったりします。今回は他店よりもウォータースポット落しは品揃えが多かったです。

下の写真がその研磨剤です。
Img_7599

これを手で研磨しましたが、かなり大変なので下のようなスポンジのバッフィングボールのような物を使いました。液剤が飛び散るのが難点ですが楽です。四隅などはうまく磨けませんので(ボディーを研磨してしまうと大変なので)仕上げは手で磨きました。

Img_7600

磨いた後は柔らかいマイクロファイバータオルで拭き上げましたが、ボディーなどに付着していたので高圧洗浄機で吹き飛ばし、その後カーシャンプーで洗車しました。

このままではガラスはすっぴん状態ですので水を弾きません。雨が降れば水の幕で屈折して景色を楽しむことができません。すっぴんになったところでRainXという撥水コートを塗布します。
Img_7602


ワックスを掛けるように円を描きながら塗っていきます。この時に日差しで窓が温まっていると早く乾きすぎてうまくいきません。洗車もワックスもコーティングも、必ず日陰でボディーやガラスが常温の時に行うと上手にできます。走ったばかりもボンネットやフェンダーが熱くなっているので避けましょう。

ちなみに、6月に日本に行った時に買ってきたボディーの艶出しガラスコーティングは、7月にコーティングしましたが、今でも水を弾き汚れを寄せ付けません。通常のワックスでは、雨の中を高速走行すると、ウェストラインから下の撥水効果は2ヶ月持ちません。このガラスコートは宣伝通り一年持つかもしれません。
Img_7604

話は脱線しましたが、常にきれいに保つと、時々行う今回のような大仕事も楽になります。和田家の愛車のトラックは、普段洗ってもらえず汚かったのでメチャメチャ苦労しました。しかも完全には落ちませんでした。シエナ号は日頃のメンテの甲斐あって、メチャメチャきれいな仕上がりになりました。

下の写真が仕上げ後の写真です。反射もクリアーでパキッとした映り込みです。

D75_2268r
※ クリックして写真を大きくして見てみてください。

車窓の景色もきれいに見えます。車内も当然きれいにしていますよ。
D75_2273r

ボディーも7月以降洗車するだけのケアでここまできれいです。
D75_2264rm

最後にこの作業をタイムラプスで撮影しましたので動画をアップします。夜の撮影の設定のままで、撮影間隔が5秒になってしまったため、メチャメチャ早い時間経過になってしまいました。3時間40分位の作業が15秒になってしまいました。どんな作業かさっぱりわかりません。雲の流れを観れば長い時間かかっているということがわかると思います。光も夕方の柔らかい光に変わります。14:00からの作業で、写真を撮り終わったのが16:55でした。さすがに疲れました。時々ブルーの服を着た座敷わらしのような生き物が映りますが、それはタイチョーJrの拓海君です。学校から帰ってきて所々手伝ってくれてます。

タイムラプス動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=EAcfVKZtVTE

長い記事にお付き合い頂きありがとうございました。

Aloha~!

| | コメント (0)

2015年1月16日 (金)

マウナロア山星空観測ツアー

皆さんこんにちは。

今日は弊社ウエブページでもご紹介している“マウナロア星空観測ツアー”についてご紹介します。

星空観測ツアーといえばマウナケアが有名ですね。世界一の星空といわれているのが、マウナケア山頂付近の天文台が立ち並ぶエリア4200mです。

しかしマウナケア山頂は天文台の聖域です。世界最先端の研究、観測を行う最前線です。そこで民間のツアー会社がレーザーポインターを使って星空ツアーを行うわけには行きません。天文観測で最も有害なのは光です。天文の世界ではこうがいは公害ではなく光害といいます。山頂でサンセットを観た後、概ね標高2800m付近のオニズカビジターセンターに下山して、その付近での星空観測となります。中にはその日のよってサドルロードの1800mまで下りて星を観る場合もあります。

またマウナケアは、昔に認可を取った8社のみがお客様をお連れできる規則です。弊社のような新規参入の会社は認可を受ける事はできません。山頂の環境への配慮やハワイ原住民への配慮です。しかし、最近はレンタカー会社が認めていないにもかかわらず、大量のレンタカーが山頂やオニズカビジターセンターに押し寄せています。

ツアー会社には厳しい規制と入山料を課しています。しかもその値段は上がる一方で認可を受けた会社にとって大きな負担となっています。ところがなぜかレンタカーは野放し状態で入山料もありません。大量のレンタカーによって道路は激しく痛み、その整備費用をなぜかツアー会社から回収するという矛盾が生じています。

しかも天体観測のマナーを知らないレンタカーは、ハイビームで星を観ている人を照らし、懐中電灯を人に向けたりと星を観る環境を壊し始めています。

世界一の星空を守る為に、これらの事を真剣に変えて行かなくてはいけないと思います。マウナケアの認可を持った会社が中心になって改善の要求をしていくべきだと思います。
レンタカーの規制や料金の徴収、マナーの徹底などをレンジャーに責任を持ってやって欲しいものです。

さて、本題の弊社のツアーですが、そんなマウナケアの南西にそびえ立つ巨峰がマウナロアです。4170mの活火山で、海の下には13000mもの高さの巨体が隠れています。マウナロアが産声をあげた場所からナント17000m以上も溶岩を積み上げた世界一の火山です。

この山腹の標高2100m~3000m付近の雲の上に出た場所で星空を観ます。なだらかな稜線のマウナロアは障害にならず、空を広~く見渡すことができます。マウナロアはケアと違いなだらかな為、標高を上げるのに狭い道を長く走らなければいけません。そのためお時間も掛かり、手間も掛かる為ほぼ弊社の貸し切り状態です。

地面に寝転び空を見上げれば、視界に陸地はほぼ見えません。人間の視野は180~200度と言われています。この場所は東西方向はほぼ180度近く視界が広がりますので、まるでプラネタリウムのようです。(本当はプラネタリウムがが星空みたいなんですけどね)

ではどんな星空か?私が撮った写真で観てみましょう。

下の写真はおおいぬ座方向の冬の天の川です。夏と比べて非常に地味な冬の天の川ですが、たくさんの小さな星が集まっています。右上にはオリオン座の三ツ星と小三ツ星写っています。一番明るいのがシリウスです。下の地面はどこまでも続く溶岩地帯です。

D75_2186_2
全ての写真はクリックすると大きくなります。ぜひ大きくしてみて下さい。

次の写真はそのオリオン座の三ツ星と小三ツ星付近で、小三ツ星の真ん中の天体がM42,M43のオリオン大星雲です。ガスの中で輝き始めたトラペジウムが照らし出しています。

D75_2194

この場所は人工の明かりが一切ありませんので、星明りを堪能できます。
満天の星に照らされて道路や車、人が見えます。星明りだけで弊社の車タイチョー号1号のシエナを撮ってみました。ボディーにはたくさんの星が反射しています。

D75_2180

弊社のマウナロア星空観測ツアーでは、Nikon社製の高視野高性能双眼鏡を各自にお配りし、天の川や星団を自由に眺めて頂きます。天体望遠鏡にてタイチョーがその夜毎におススメの天体をチョイスして観望して頂きます。また天文用高輝度グリーンレーザーにて夜空をプラネタリウムみたいに詳しくご案内いたします。次の写真はそのグリーンレーザーでオリオン大星雲を指し示した写真です。

D75_2224

オリオン座がよくわからない方のために上の写真にオリオン座を書いてみましたので参考にして下さい。

D75_2224mod

そのレーザーで社名を道路に書いてみました。

D75_2214

今回の写真は冬なので天の川が寂しいですが、夏は異常に存在感の在る夏の天の川が空にかかるので、もっともっと迫力があります。

さすがのハワイ島も明るい月が空にいると、この様な満天の星は見えません。星を観るのは月例がとても重要です。弊社のマウナロア星空観測ツアーは月齢の悪い日には催行しません。本当に星がきれいに見える最高の条件の日にのみ催行いたします。

きちんとした専用ページを作りましたら、そちらでツアー催行日をお知らせする予定です。今はお手数ですがメールにてお問い合わせ下さい。

誰にも邪魔されない、人工の明かりが無いので星空の写真を撮りたい方にも最適です。貸切だからできることも多々あります。

ハワイ島で最高に美しい星が観られる弊社のマウナロア星空観測ツアー。ぜひご参加ください。タイチョーが契約農園から仕入れたグリーンビーンを、ローストしたコナコーヒーも現地でお飲み頂きます。日本では幻のコナコーヒーですが、その中でも最上級のエクストラファンシーです!

他の観光と組み込んだ時間チャーターやトワイライトキラウエア探検隊ツアーでの星空観測の場合は、コーヒーを適温でサーブできませんので、お飲み物のサービスはありませんのでご了承ください。

では、ご予約をお待ちしております。

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

キラウエア火山最新情報1/14/2015

超、超、超久しぶりの投稿です。

書き出すと長~い文になってしまうという悪い癖。この癖のせいですっかり遠のいてしまいました。Face Bookだと短い投稿になるので、ついFBで情報発信してしまいましたが、2015年はもう少しブログもまじめにやらないと改心し、今回投稿する事にしました。

2014年は御嶽山の水蒸気爆発という惨事があり、日本では火山は危険で恐ろしいという事が広く浸透したのではないでしょうか。

その後にキラウエア火山の溶岩流が、パホアという街に迫っているというニュースが大々的に流れました。ニュースの内容は家が焼かれたり、道路が燃えたりする映像とともに、キラウエアで特別な噴火が起きているような報道が殆どでした。視聴者側も御嶽山の悲劇が頭をよぎり、火山=危険という方程式が出来上がっており、キラウエアも同様に捉えてしまったのではないでしょうか。

火山は危険という常識は正解です。世界中の火山は噴火や噴気によって人名を奪いかねない危険な存在です。キラウエアも過去に犠牲者も出しています。しかし、キラウエア火山は他の世界中の火山とは大きく違い、非常に特徴的な噴火様式を持っています。

正直ハワイ島は風評被害が出ており、行き先の変更やツアーのキャンセルの話しもちらほら出ています。弊社は直接キャンセルは出ておりませんが、問い合わせや不安の声は多くはないですが頂きました。

キラウエア火山の現状を知って頂ければ、そのような過度な不安を抱かずに、ハワイ島やキラウエア火山に行き、素晴らしい大自然からの恩恵を受けることができると思います。

メインのキラウエアカルデラは長径4.5km以上、短径3.25kmほどありますが、その中に直径915m程のハレマウマウ火口があります。更にその中に長径210m、短径160m程のオーバールックベントが口を開けて、二酸化硫黄だけでも毎日5000t以上を出しています。その直下50m~35m程下にドーム球場ほどの大きさの溶岩湖があり、その輝きで噴煙が日没後にあたりが暗くなるとオレンジ色に染まります。

D75_1970
昼間のキラウエアカルデラ 2015年1月  ※写真は全てクリックすると大きくなります。

D75_2002
夜のキラウエアカルデラ 2015年1月

D75_2016
夜のハレマウマウ火口オーバールックベント 2015年1月

この直下に直径4000mを越えるマグマ溜りがあるといわれています。マグマ溜りの上のメインのカルデラ内と、そこから南西リフトゾーン、南東に伸び急に東に曲がるイーストリフトゾーンという噴火帯があります。メインのカルデラでは1982年に1日噴火したのを最後に、溶岩流の噴出はありませんが、溶けた溶岩でできた湖、溶岩湖があります。絶え間無く地下から熱いマグマが上昇し、上部で冷やされ沈んでいくという熱対流により、溶岩湖の表面は固まらずにいます。ちょうど深い湖(本栖湖など)が凍結しないのと同じ理由ですね。

イーストリフトゾーンでは1960年代後半から1970年代にかけて度々噴火を繰り返してきましたが、1983年の1月3日からナパウクレーターからカラルアにかけて割れ目噴火で始まりました。その年の6月から現在のプウオオ付近で噴火が始まりました。それからチェーンオブクレーターズロードが次々と焼かれ寸断し、1990年にはカラパナの街がほぼ消失しました。チェーンオブクレーターズロードは15km以上に渡り埋まってしまいました。

1983年からほぼ毎日溶岩を出し続け現在に至っています。キラウエアは他の地域の火山と比べ、極めて爆発を起こしにくい火山と言われています。多くの火山はハワイのマグマよりも二酸化珪素の量が多く、これがマグマの粘性を高くします。この二酸化珪素(SiO2)の量で溶岩の種類を別けています。45%~52%が玄武岩(キラウエアは48%)で、53%~63%が安山岩、63%~70%がデイサイト、70%を越えると流紋岩になります。

このSiO2の量で噴火の様式も変わります。もちろん他の様々な条件もありますが。
SiO2が少ないほど流動性が高く、噴火は比較的穏やかです。SiO2が多いと爆発的な噴火や火砕流などの一瞬で人命が奪われるタイプの噴火を起こしやすくなります。

ハワイは極めてSiO2が少ない為、多くの場合マグマの圧力で山が膨張し、ゴムと違い伸びる事ができない岩石は地割れを起こし、その1km前後の地割れから一斉に溶岩を数十メートルほど吹き上げる割れ目噴火から始まることが多いです。

その後高く吹き上げる溶岩噴泉を起こしたり、割れ目が収束して行き一箇所からドロドロと静かに溶岩を流しだす噴火へと移行していきます。
1983年から噴火しているプウオオ火口は長い間ドロドロと溶岩を出す噴火を続けています。メインのカルデラから直線距離で20kmほど東にプウオオがあります。

通常はプウオオ付近の地形は南東に傾斜している為、溶岩流は南東方向に流れます。その方向は基本的に火山国立公園の敷地なので、誰の家も焼かずに観光客が目の前で溶岩を観る事ができます。プウオオは火山国立公園の境界ギリギリの位置なので、より北東に流れた溶岩はカラパナ地区やロイヤルガーデンの住宅地を焼きましたが、多くの場合は災害とはならずに多くの観光客を喜ばせてきました。

Dsc_0580m
ハワイ火山国立公園 オーシャンエントリー 2006年

Dsc_1204
カラパナ オーシャンエントリー水蒸気爆発 2008年

P1120207m
火山国立公園 スカイライト(溶岩洞窟の天井の穴)2006年

Wad_91074
カラパナ オーシャンエントリと溶岩流 2010年

上の写真はすべてツアー中に私が撮影した写真です。この様な光景を観光客が安全に見学できるのがキラウエア火山の特徴です。(現在は残寝ながら観ることはできません)

溶岩噴泉が上がっても貿易風の影響で風向きがほぼ一定のハワイ島では、風上側はガスも噴石の被害も驚くほどありません。伊豆大島の三原山の溶岩が比較的キラウエアの溶岩と似ていますが、三原はマグマの中のガスが多く、溶岩噴泉+爆発が伴う為に四方八方に飛んでしまいます。風上でも熱い溶岩が飛び散ります。

キラウエアは溶岩流も山の傾斜が驚くほど緩い為、溶岩流に飲み込まれるということも考えにくいです。

キラウエアを安全にガイドできるもう一つの一因は、1912年に全米初の火山観測所が現在のボルケーノハウスの場所にできました。つまり100年以上もの間、火山学者たちはキラウエアとマウナロアを観測し続けてきたのです。しかもキラウエアは噴火の頻度が高く、長く噴火する事も多いため、膨大なデータが蓄積され、両火山ではほぼ噴火前のシグナルなどがわかっています。人間が最も詳しく知る火山がキラウエアなのです。

現在の噴火も32年間の長い噴火の歴史の中でも穏やかな方です。特別な噴火をしたわけではないのです。毎日続いてきた日常的な噴火をしているに過ぎません。

なぜ日本のマスコミが大騒ぎしたかといえば、たまたま流れる方向が悪く、街に向かってしまったという事です。パホアのハイウェイが焼かれると、その先に住む数千人の人たちが出入りできなくなるという事で、大きな問題になっています。対象住民にとっては本当に深刻な問題です。しかし、観光客の方の安全を脅かすような災害ではないのです。

私は日本の民放某テレビ局のニュース班から電話取材を受けました。風評被害を受けていると思うので、それを払拭するような内容の報道をしたいとの事で受けましたが、実際のオンエアーを観たら、街に流れ込む溶岩の動画と 「迫り来る溶岩!住民たちの不安はつのる」みたいな内容で、私の話も数秒間で全く払拭できませんでした。

NHKは観光客への影響は無いとの事ですときちんと言っていました。多くのニュースが残念ながら真実を伝えていませんでした。ニュースという性質上、数字が取れるかとかインパクトがあるかなど、バラエティー番組のような感覚で報道しないで欲しいと強く思いました。

私もこの仕事を25年以上していますが、L.A.時代に湾岸戦争が有り、戦争当事国に遊びに行くのは不謹慎みたいな報道が多く、キャンセル続出し大打撃を受けました。アメリカは戦争中も人の庭先で戦争をするので、市民生活は景気が悪いな~ぐらいで、ゴルフをしたり旅行に行ったり、極めて普段通りです。全く不謹慎ではないのです。9.11のテロもアフガニスタン、イラクの時も、サーズの時も大打撃を受けました。消費税8%になった時も皆がお金を使わなくなるような誘導的とも思える報道でした。景気を上げなくては、消費を増やさなければいけない時に一方的に節約モードに入る人ばかりを出す。あの時期に「関係ないね、今まで通りに使うよ」という人もたくさんいたと思いますがなぜかそういう意見の人はニュースに出てこない。ちょっと愚痴になってしまいましたが、マスコミは非常に影響力が大きいということを胸に刻んで、中立の立場で真実を伝えて欲しいと思います。

また長くなってしまいましたので、今回はこの辺で終わりまして、また実際の溶岩流の位置なども報告できればと思います。では、明日ツアーなのでおやすみなさい。

| | コメント (2)

« 2013年10月 | トップページ | 2015年3月 »