ハワイ島のチャーターならガイド歴24年、キラウエアを知り尽くした和田タイチョーにおまかせ!ハワイ島探検隊の「和田探検隊日誌」

和田タイチョーの日々を綴る和田探検隊日誌

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月22日 (火)

ハワイ島部分日食 5/20 2012

日本は大都市圏で金環日食が観られるという幸運に恵まれました。天気予報はなかなか厳しい感じでしたが、多くの場所で観られたようですね。前回の皆既日食の時は、多くの人が押し寄せた島が悪天候で残な結果になりましたので、今回も心配していましたが本当に良かったですね。

ハワイ島は日付変更線をまたぐため5/20の日付になりますが、部分日食が観れました。その様子をご報告したいと思います。

ハワイ島では約1/10程度に欠けるという程度だったので、家で観れたら観ようかな位の感じで家で仕事をしていました。何の気なしに iPad の某天文ソフトウェアで星図を使って日食の様子を再現したところ、情報とは違い結構欠けて見えていました。しかし、ハワイ島の位置ではそんなに欠けないはず?と疑問に思いましたが、とりあえず観ておいた方が良いなと思いました。

しかし、コナはドン曇り。全く見える気配はありません。仕方が無いのでコハラコーストの晴天域に観に行く事にしました。しかし、観測用の望遠鏡に取り付けるソーラーフィルター(1/10000~1/100000に光を弱めるフィルター)は持ってないし、最低でも望遠鏡を使わずに眼視で観れるように、現像済みポジフィルム(スライド用の写真フィルム)の露光していない部分を探し、2重に重ねて即席日食メガネを作りました。

Img_2959_2
こんな感じに2枚の部分と1枚の部分を作ると晴れ用、雲り用になります。

Img_2963
こうやって使います。ちなみによく見えました。

太陽光は想像以上に強いため、直接肉眼で焦点を合わせて見た場合、一瞬で網膜を傷めます。日食メガネを自作する場合は一歩間違えると大変危険ですので、専門的な知識のある方にアドバイスをしてもらうようにしてください。少しでも眩しいと感じたら、それで見ることは大変危険です。きちんと減光されているものは眩しくありません。

でも、これでは撮影はイマイチです。コンパクトカメラのレンズの前に付けて撮影は出来ますが、それでは太陽が小さすぎて、太陽が露出オーバーになってしまいうまく撮れません。

Dsc_3503
これが即席日食メガネを使い、Nikon1というカメラの300mm相当の望遠レンズで撮影したものです。300mmといえば、相当な望遠レンズになりますが、それでもこの大きさにしかなりません。太陽の視直径は0.53度位ですので、もしも東から西に一直線に天空に線を引いた場合、その線上に太陽を隙間無く並べると約340個並びます。思っているより大きく写らないのが太陽なんです。

何とかフィールドスコープを使ったデジスコーピングで太陽を撮りたいと思い考えました。本来はフィールドスコープの先端に合う大きさのソーラーフィルターを付けるのですが、あいにく持っていません。そこでひらめいたのがハイキングなどに持って行くエマージェンシー・ブランケットです。緊急時に体温の低下を防ぐために使う、極薄のAlminized Polyester という素材のシートです。体を覆うと体温がシートで反射して体に戻るという事で体温低下を防ぐものです。

これを以前使用した時に光がわずかに透過することを知っていましたので、これを使えば何とかなるかも知れないと思い、家を探しましたが見つからず、Kmartで買い現地に向かいました。

Img_2952
こんな感じに適当な大きさに切り、望遠鏡の前に張って取り付けます。まずは一枚つけてどの程度遮光するかアイピースに手を近づけて、手に当たる光を見て確かめます。ちょっと強すぎるのでもう一枚付けました。手を当てた感じは良い感じなので、サングラスをかけて覗いてみました。イイ感じ。でもサングラスを外すと眩しいです。3枚付けると暗すぎで、光学的にも悪化しすぎなので2枚に決定。

Img_2949
こんな感じで完成。本当はシワを伸ばさないといけませんが、いまいちピンと張れずこれで妥協。合成焦点距離2430mmの超望遠なんちゃって日食観測システム完成。写りは正直イマイチでしたが、better than nothing ということで無理やり納得。

Dsc_3453
午後 2:26 太陽の北極の少し東が少し欠けてます。太陽の赤道よりも北に多数の黒点が見えます。

この自作フィルターはブルー系の色が出るので、ホワイトバランスをいろいろ調整しながら撮影しました。オートから晴天、曇り、晴天日陰、蛍光灯、白熱灯など試しましたが、結局マニュアルで自分で調整して落ち着きました。その写真を画像処理してあります。

Dsc_3556
15:24 前の写真から約一時間が経ちました。月の位置が東から西にこれだけ移動しました。本当に興味深いですね。金環日食と比べれば地味ですが、それはそれで十分楽しめました。観に行ってよかったと思いました。

皆さんもいろいろと天文ショーを楽しんでください。春分の日と秋分の日に正確に真東から昇る日の出、真西に沈む日没を観るのも十分楽しいですし、流星群などもイイですね。

近い将来、ハワイでは以下の二つの天文ショーがあります。

ハワイ現地時間6/3の夜、日付が6/4に変わる頃から部分月食が始まり、ピークが深夜1時ごろで2時頃に終了します。

そして同じくハワイ時間6/5の正午過ぎから太陽面を金星が通過します。日食同様に光を大幅に減光すると太陽に黒いほくろのように金星がシルエットで見えるはずです。この日も休みだったら観測したいと思います。出来ればそういうのが好きなお客様と観測ツアーをしたいものです。金星通過はもう少し倍率を上げたいので、天体望遠鏡で観測したいと思います。太陽がいかに大きな天体かを実感できると思います。金星はほぼ地球と同じ大きさですので、実感しやすいと思います。天文ショーは本当にワクワクします。

Aloha~!

和田タイチョー

| | コメント (0)

2012年5月18日 (金)

ワイピオ渓谷ハイキングツアー Part1

こんにちは。

先日、ワイピオ渓谷に歩いて下りるハイキングツアーを行いました。
今回のお客様は私のツアーに何度も参加していただいているリピーターの神谷さんご夫婦。私がネイチャースクールというツアー会社でガイドをしていた頃からのお客様です。

仲間と共同経営していたビッグアイランドクレスト時代にも来て頂きました。昼間に私のツアーでワイピオ渓谷を歩き、夕方からビッグアイランドクレストの宮崎氏のガイドで星空観測に行くというダブルヘッダーという事で、夕方宮ちゃんにバトンタッチという事になりました。

Texでランチをテイクアウトして一路ワイピオ渓谷ルックアウトに向かいます。この日は良いお天気で雨の心配も少なく最高のハイキング日和。

Dsc_3043
このバレーに下りていきます。

Dsc_3045
10:30AM ボトルウォーターを各自3本配りハイキング開始です。かなりの急斜面を歩くので、靴はハイキングに適した物が望ましいです。溶岩ハイキングほど悪路でもないので靴底が厚い必要はありません。むしろ軽めの靴がベストです。登りでは足を急角度で上に踏み出さなくてはいけませんので、1gでも軽い方が有利です。下では川を渡るので、出来れば水に濡れてもOKな沢歩き用の靴が良いです。無ければ川越え用のサンダルなどを持っていきましょう。

Dsc_3052
下りはかなりきつく、まっすぐ立っているだけでもひざ付近の筋肉をかなり使います。私は中学時代に膝を壊したため、負担をかけないように気を使って慎重に降りました。神谷さんたちは余裕で降りていきました。

Dsc_3058_2
振り返ればこんな感じ。雪国ではあり得ない道です。まっすぐ立つだけでふくらはぎのストレッチになる程。下りるという事は上るんだよな~・・・帰りが思いやられます。

Dsc_3060
でも、この景色が楽しめるのですから行く価値はありますね。展望台の景色とは微妙に違ってきます。

Dsc_3066
歩き始めて15分。いよいよ私が勝手にコークスクリューと呼んでいるキツイS字カーブにやってきました。ここは車でも「お~!」と思います。4WDのトランスファーギヤをLowに入れ、トランスミッションもLowか2NDに入れないと下りれません。私の膝のエンジンブレーキ?も限界です。時々後ろ向き、時々カニ歩きをしながら膝を守ります。

Dsc_3068
立ち方が不自然ですよね。足首の角度が。常にブレーキをかけながら歩くので下りで足に負担をかけすぎないようにしましょう。

Dsc_3074
眼下には湿原地帯が広がります。野生の馬もゆったりノビノビ暮らせそうです。生き物の調査とかしたら楽しそうですね。

Dsc_3082
歩き始めて25分、ここまで下りてきました。川がゆったりと流れ、壁のような渓谷の崖に囲まれ、俗世間から隔離されたような、まさにSacred Place という感じです。

Dsc_3086
開くことなく散っていくハイビスカス、タークスキャップ。日本語名はウナズキヒメフヨウ。以前この花にもぐりこんでいく蜂を見た事があります。ハイビスカスは受粉効率が悪そうです。多くの他の花は虫が蜜を吸いに来た時に、雄しべや雌しべが体に接触し受粉しやすいのですが、ハイビスカスは花柱が長く、花粉に触れなくても蜜を吸う事が出来ます。しかし、このタークスキャップは花柱に一度止まり、花をこじ開けていくので普通のハイビスカスよりも受粉の可能性が高いのではと思います。

Dsc_3089
歩き始めて30分、ヒイラベの滝が見えてきました。落差442mの見事な滝です。アカカの滝が128m、日光華厳の滝が97mですから、なかなかすごい滝といえます。多くの日本のガイドブックなどでは落差390mとなっていますが、World Waterfall Database では442m、そのうち最大落差の一番下の段は366mとなっています。何段かに分かれてるので、どこから計るかによって違いが出るのでしょうか?データーベース上では世界144番目の落差です。ちなみに、隣のバレーのワイマヌバレーにあるワイヒラウの滝は落差792mで世界13位の落差です。行ってみたいです♪

ヒイラベの滝動画は こちら

動画を見たい方は上のリンクをクリックしてください。

まずは谷の奥に入っていきます。道路以外は私有地ですので、バレーの住民の迷惑にならないようマナー良く行動しましょう。許可無く植物を摘んだり、敷地内に入ったりしないようにしましょう。いたる所にNo Trespassing やKapu、Private Propertyの看板があります。看板を出しているという事は、迷惑をこうむっているという事だと思います。もちろんここはアメリカですので、勝手に入って怪我をして地主を訴えるなどという迷惑な人も来るので、看板を付けておかないといけないということもあると思いますが。

Dsc_3098
一本目の川横断。といってもこの川幅(笑) 神谷さん、まだ靴履き替えなくてもOKです。メダカが泳いでいました。

Dsc_3104
ハワイの植物はデカイですが、ポトスもこんなに育ちます。葉は最大で60cmを超えます。つるは握っても指が回らないほど太くなります。ハワイでもさすがに鉢植えはさすがにこんなに大きくなりません。

Dsc_3113
メディニラ・マグニフィカが蕾をたわわに付けていました。小さな可愛い花が咲きますよ。こう見えてまさかのノボタン科。

Dsc_3114
11:13 2本目の川に到着。ここで神谷さんご主人 靴履き替えです。奥様はウォーターシューズなのでそのまま。

Dsc_3117_2
上流側の景色。ん~楽しそう!今度チビを連れて遊びに来よう!あ、もちろん歩きじゃなくて4WDのトラックで。

Dsc_3118
きれいな水でしょ~♪ 水温は低めでハイキングで疲れた足を浸けるとひんやりして気持ちイイです。何と言ってもせせらぎの音は癒しですね。でも大雨の後などはとても渡れない時もありますので、雨天はもちろん、2~3日前まで悪天候だった場合などは注意が必要です。増水しているときは決して無理をせず、引き返す勇気を持ちましょう。全般的に夏が天気が安定しています。

Dsc_3126
歩いていると野生の馬の親子が走って来ました。ここの野生馬(野良馬と言った方が正しいかな)たちは皆人懐っこく、とても可愛いです。

Dsc_3132
おとなしいとはいえ馬ですから、蹴られないようにお尻側には回らないようにしましょう。

Dsc_3136
お父さんも登場。子馬はおっぱいを飲み始めました。人間も含めて多くの哺乳類の赤ちゃんは頭が大きく体はずんぐりして足が短いですが、子馬は足が長く体もきゃしゃですよね。可愛いですね~

Dsc_3149
3本目の川(大きな川では2番目)で郡道は終了。ここから私有地となりますので、基本的には地主の許可無く入る事はできません。どこまでOKでどこからNGなのかは実際には微妙ですが、この日は時間も限られていたので、奥の住民に許可を取って川を渡った見晴らしの良い場所まで行き引き返しました。

Dsc_3168
以前この場所でお客様が奉納のフラを踊った事がありました。踊り始めると風が止み、踊り終える時に最後の決めのポーズをとった瞬間に、彼女達の手で作ったサークルに
雲の切れ間から太陽が現れました。そして踊りが終わると再び太陽は雲に隠れ、風が吹き始めました。ハワイアンたちはこれがここのmana だよと言っていました。ハワイ島はミラクルな事が度々起きます。その度にこの島の偉大さや懐の大きさに感心させられます。ハワイアンが聖地と崇めたこの島はやはり他のハワイ諸島とは何かが違います。

Dsc_3180
マウンテンアップルが緑の実をつけていました。赤く色づくと食べ頃。ハワイの山には良く見られるフルーツですが、素朴な味でハイキング中に食べると結構なご馳走です。ちなみにリンゴとは無縁でフトモモ科ですので、オヒアやローズアップル、グアバなどと近縁です。リンゴはバラ科ですのでビワや梨と近縁です。花はオヒアやローズアップルのようなブラシ状の花が咲きます。鮮やかなピンクでとてもきれいですよ。

Dsc_3188
小さなアボカドが落ちてました。ハワイはメチャメチャ種類が多くて、大きさ、色、形、味もみ~んな違うので、食べ比べもとても楽しいです。我が家では毎朝食べてます。家の庭によく植えてるので、時期によってはたくさんの方から頂き、何ヶ月も買わずにすむ事もあります。

Dsc_3193
こちらはグアバの花。花弁が5枚ありますが、よく見れば雄しべの感じなどがやはりフトモモ科のほかの多くの花と共通点がありますね。グアバの葉はポリフェノールが豊富で、糖の吸収を抑えてくれるそうで、グアバ茶にして飲んだりしますね。我が家ではフルーツを使ってジャムやジュースを作ります。 あ、私じゃなくて妻が。

Dsc_3198
谷を囲む断崖には滝も見られます。雨季の大雨の後には無数の滝が出現します。縦のシワのような模様は滝の跡です。

川渡りの動画は こちら
帰り道で先ほどの川を渡る動画を撮りました。ちょっとローアングルで。

12:13 海に行く道との分岐店に到着。ここから海に探検です。ここから先はまた後日Part2でお伝えします。お楽しみに。お伝えしたい事は山ほどあるのですが、スペースに限りがありますので今日はこの辺で。

Aloha~!

| | コメント (2)

2012年5月12日 (土)

キラウエアハイキング・プウフルフル&マウナウル探検隊

皆さんこんばんは。久々の更新です。

アイナヌイアドベンチャーズでは、キラウエアイキハイキングのツアーをやっていますが、キラウエアはまだまだ素晴らしいハイキングトレイルがいっぱいあります。

まだ公開はしていませんが、プウフルフルとマウナウルの大自然を満喫するハイキングツアーを始めています。ウェブページには公開予定ですが、もうしばらくお待ちください。料金はキラウエアイキハイキングと同じ4名様まで$720で、一名追加毎に$15プラスとなります。最大7名様までのグループでお申し込み可能です。興味のある方はお気軽に弊社ウェブページのサイドメニュー“お問い合わせ”からお問い合わせください。

今回は主にハイキングの部分について、過去に何度か行ったツアーの写真を交えご案内します。

チェーンオブクレーターズロードのマウナウル駐車場に車を停めハイキング開始です。この駐車場への道は、マウナウル噴火前のチェーンオブクレーターズロードで、駐車場から先の道路が1969~1974年に次々と溶岩に飲み込まれ消失しました。

今後も噴火の可能性の高いマウナウルからプウオオにかけてのイーストリフトゾーンは危険なため、現在のマウナウル駐車場への道との交差点から1969年溶岩流、キプカ・カハリイ、マウロア・オ・マウナウルを通る現在のチェーンオブクレーターズロードを作りました。

Img_0238
地図に噴火で埋まる前のアロイ火口、アラエ火口、旧チェーンオブクレーターズロードを書き入れてみました。現在のチェーンオブクレーターズロードは安全な場所を迂回していることがわかりますね。
※全ての画像はクリックすると大きくなります


最初に1973年のパウアヒクレーターからプウフルフル付近への割れ目噴火で流れてきたパホエホエ溶岩の上を歩き始めます。

Wad_1756
森を焼いて出来た溶岩樹があちらこちらに見られます。

Wad_4384
キプカを抜けると目的のプウフルフルとマウナウルが遠くに見えてきます。左の木の生えた丘がプウフルフルで、右がマウナウルです。どちらも噴火によって出来た丘ですが、できるメカニズムは違います。(27mm相当で撮影)

Wad_4390
反対側を振り返ると、遥か遠くにハレマウマウの噴煙とマウナロアが見えます。その手前には広大なオヒアの森が広がります。(27mm相当で撮影)

Dsc_0903
滑らかな溶岩の上を軽快に歩きます。同じパホエホエ溶岩でも、この辺りの溶岩は非常に歩きやすいのが特徴です。チューブ内の溶岩の圧力や、固まった表皮にかかる外力で大きく盛り上がったテュミュラスや大きなクラックなどもほとんど無く、小刻みのアップダウンもありません。この場所のパホエホエは短期間の噴火で火口から近いということが影響しているのかもしれません。

Dsc_0906_3
表面が固まり中身が流れ去った空洞が地下にたくさんあります。部分的に圧力や熱収縮などによって陥没しています。

Wad_4392
歩き始めて30~40分でプウフルフルとナパウクレータートレイルの分岐点に着きます。ここからちょっと登りになります。プウフルフルとはハワイ語で毛深い丘という意味で、この丘だけ森が燃え残ったため、このような名になったようです。溶岩むき出しの世界から一気に豊かな森の中に入り込む感じは、ドアを開けて別な部屋に入る感覚で、これが自然の中という事を考えると不思議な感じです。

Wad_1791
山頂には陥没したクレーターがあり、そこは一面豊かな森になっていて、クレーターの生々しさはみじんもありません。黒い溶岩大地の中にここだけ豊かな森が・・・まるで1960年制作の映画ザ・ロストワールドのようです。大きな穴の中だけ恐竜が生き残っていたというストーリーでした。降りて探検してみたくなります。(27mm相当で撮影)

Wad_1792
火口内を覗き込むとオヒアやハプウ、ウルヘなどのネイティブプラントが生い茂っています。オヒアの気根が色鮮やかで、緑の森に素敵なアクセントになっていました。(200mm相当で撮影)

Dsc_0924
北西を望めばハレマウマウから出る噴煙が見えます。(300mm相当で撮影)

Dsc_0915
東を望めば遠くに現在噴火中のプウオオ噴火口が望めます。国立公園内からはこの場所付近からしかプウオオを見ることは出来ません。画面右手前からアラエ溶岩シールド、カネヌイオハモシールド火口、プウオオ噴火口です。カネヌイオハモからもまだ噴気が出ています。プウオオは大量の火山ガスを出し続けています。(80mm相当で撮影)

Dsc_0916
アイナヌイのツアーは、広視野で明るく鮮明な像を結ぶ高性能双眼鏡をお貸ししますので、迫力の景色を楽しむことが出来ます。双眼鏡での見え方は、この写真よりも約30%拡大した感じになります。(300mm相当で撮影)

Dsc_0930
南を望むとマウナウルシールド火口がどっしりと座っています。この山頂部はディープな陥没クレーターになっています。

シールド火口は、多くのハワイのシンダーコーン(日本ではスコリア丘)という火山砕屑物が降り積もり山を造るものとはでき方が違い、大量の溶岩が湧き水のように溢れ出して出来た山です。大雨の時にマンホールからドバドバとあふれ出す水のように、火口から大量の溶岩が溢れ出してできたと表現したらわかっていただけますでしょうか。シンダーコーンは細かいシンダーで出来ていますが、マウナウルはパホエホエ溶岩が何層にも重なって出来ています。シンダーコーンの斜面は安息角に落ち着きますが、ハワイのシールドはより傾斜がゆるいので見た目にも違いがわかると思います。

Dsc_0928
山体内には無数のラバチューブも存在します。表面には大量の溶岩が流れ、表面が固まることが出来ずに水路の様な溶岩の流れた跡“溶岩チャンネル”が多く見られます。画面左側に川床のような溝がそれです。(225mm相当で撮影)

プウフルフルから下山し、今度はマウナウルに登ります。溶岩ハイキングにしては歩き易い方ですが、所々にチューブや軟弱な地面もあるので、溶岩の上を歩き慣れたガイドと行く事をお勧めします。知らないと危険な場所も多くあります。

Dsc_0937
マウナウルの山頂からフィーダーチャンネンルを流れた溶岩がこの場所に溜まり、溶岩の池を作りました。周りには堤防のようなリッジがあります。

溶岩湖の跡をわたり終えるとそこに溶岩を供給したフィーダーチャンネルが山頂まで延びています。

Dsc_0940
かつて大量の溶岩が流れた灼熱の川に思いを馳せて記念写真

Dsc_0958
このフィーダーチャンネル沿いを登っていきます。標高差120mの緩やかな斜面を登ります。

Dsc_0962
どこまでも広大な裾野が広がる、楯状火山キラウエア真の凄さを実感する光景。体積は富士山の13倍もある巨体を実感できます。

Dsc_0954
一度固まった溶岩が再融解した跡など当時の灼熱の噴火の跡を解説しながらハイキングは続きます。

Wad_4412
溶岩チャンネルを過ぎると急に酸化した脆い地盤に変わります。ここからは地面を踏み抜かないようにルートを選んで登ります。和田タイチョーの歩いたルートを一列で歩きます。

山頂到着~!とりあえず足がすくみます。一同思わずどよめきます。ここでは冗談で脅かしたり、押したりしたら和田タイチョーに一喝されますのでご注意を(笑)
Dsc_0968

では火口周辺の景色をお楽しみください。

Wad_4414_2
この写真と次の写真はクリックすると他の写真よりも大きくなっていますので、少しは臨場感があるかと思います。なかなか写真では本当の迫力は伝わりませんので、ぜひこのツアーに参加して頂きたいと思います。

Wad_4456
この写真の赤いサークルの中の小さな点は私の妻です。対象物があると大きさが実感できます。

動画でも撮りましたのでもし良ければこちらもご覧ください。
マウナウル火口 動画はこちら

Dsc_0992
マウナウルから南を望むと、マウナウル噴火の溶岩流と燃え残りのキプカが見えます。画面中央を南北に走る溶岩チャンネルも確認できます。遠くにはチェーンオブクレーターズロードのマウロア・オ・マウナウル付近が見え、その奥にホレイパリの崖手前までが見えています。その奥は太平洋です。

Dsc_0997_2
雄大な景色で記念撮影。

Dsc_1008
少し東寄りに目を向けてもまだまだ溶岩大地が続きます。こちらにも別な溶岩チャンネルが長く伸びています。

Dsc_1020
東にもまた溶岩チャンネルがあり、その先の右側にはアラエクレーターが埋め尽くされて出来たアラエ溶岩シールドが若干窪んで見えます。その奥にはイーストリフトゾーン最大のピットクレーター マカオプヒクレーターが見えます。その左にはカネヌイオハモシールド火口、その奥にはプウオオ噴火口が噴煙を上げています。

Dsc_1029
地熱でポッカポカです。岩盤浴も楽しめます。こちら寝る派。

Dsc_1026
こちら寄りかかり派。

これほどのミネラルいっぱいの広大な溶岩大地で岩盤浴は世界一贅沢かもしれませんね。私は長年職業病のバックペインと付き合ってきましたが、熱を持った溶岩の上に寝ると赤外線のせいでしょうか、金属のせいでしょうか、体の芯から温まりとても楽になります。効果の程は私は医師でも学者でもないのでわかりませんが、私にとっては効果を感じることができます。まぁ効果云々よりもとにかく気持ちがいいのでお勧めです。

Wad_4612
北西方向にはハレマウマウの噴煙とマウナロア

Wad_4585
北にはプウフルフルと広大なレインフォレストが。天気が良ければマウナケアも見えそうですね。

おにぎり弁当を食べたり、遊んだりして2時間30分~3時間のネイチャーハイキングになります。様々な地形や動植物など、自然をたっぷりご案内しながらの自然体感ハイキングですので、少々お時間がかかります。

ご興味のある方はWEBページの“お問い合わせ”からお問い合わせください。妻がWEBページを作っていますが、只今多忙でアップできるのが遅れそうなので、それまではご不便をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

この他にも楽しいツアーをご用意しています。夏休みの親子で学べるコースもご紹介したいと思います。Aloha~!

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »