ハワイ島のチャーターならガイド歴24年、キラウエアを知り尽くした和田タイチョーにおまかせ!ハワイ島探検隊の「和田探検隊日誌」

和田タイチョーの日々を綴る和田探検隊日誌

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月30日 (金)

和田タイチョーのお友達のドルフィンスイムツアー

皆さんこんにちは。

和田タイチョーのお友達が野生のイルカと泳ぐツアーをやっていて、お客様に勧められるかどうか体験しに行ってきました。

Aloha Kona Tours という会社で、陸のチャーターツアーと海のイルカとマンタのツアーをやっています。Aloha Kona Tours の特徴は送迎、船のキャプテン、スイムガイド全て日本人だということです。

他の日本語のイルカのツアーは送迎、スイムガイドは日本人でもボートを所有していないので、他のツアー(英語のツアーも日本語のツアーも)と混載で一隻の船に乗り合います。Aloha Kona Tours は自社でボートを所有しているので、他の会社のツアーと乗り合いではありません。コストはかかりますが、キャプテンもガイドも同じ会社で日本人なので、お客様の要望に的確に対応が可能です。(※夜のマンタツアーは乗り合いになります)

出発の港はコナの北にあるホノコハウハーバーです。コナ地区、サウスコハラ地区からは送迎付きのツアーも行っています。水着を予め服の下に着ておいて集合場所に来てください。ウェットスーツやシュノーケルなどは全て貸してくれます。もちろん自分の使い慣れたものを使いたい場合は自分のものを持っていってもOKです。船酔いが心配な方は、出航の1時間前位に酔い止めを飲んでおきましょう。ジンジャーがすごく利きますので、ジンジャーキャンディーなどを持ってくるのも良いでしょう。いよいよウェットスーツを着て出航です。

Wad_3756
帽子をかぶっているのがキャプテンでオーナーの縄田幸一郎君。そして手前の怪しいタオルを巻いた人物は私の妻のお父さんです。アワビを捕り終えた海女さんのような、脱北者のような・・・とても可愛いイルカと泳ぐためにボートに乗っているようには見えません。

この日は近くにイルカがいなかったため、はるばる空港を超え、フアラライリゾートを超え、キホロの近くまで行きました。キャプテンは今日は遠くなっちゃってスミマセンと謝ってましたが、こちらは遠くまでクルーズできてラッキーでした。海もメチャメチャきれい!!本当にハワイ島の海は透明度が高く抜けるような青です。

クジラも潮を吹いてましたし、海から観るコーストラインも本当にきれい。
キホロ近くでイルカの群れがいました。100頭程でしょうか。ハワイ島で最も多く観られるイルカはSpinner Dolphin という少し小型のイルカで、日本語ではハシナガイルカといいます。英名がスピナーというだけあって宙返りをしたり派手なアクションで我々を魅了します。

この日はわりと速いスピードで泳いでいたため、イルカを待ち海に飛び込みイルカの群れが通過していくという感じでした。何度かそれを繰り返し、何度もイルカと泳ぎます。

Wad_3801_2

Wad_3831

Wad_3832

Wad_3852

Wad_3875

Wad_3896

とにかくたくさんのイルカちゃんと泳げます。私は陸から何度かイルカの所まで泳いで遊んだ事がありますが、陸から行くと大変なんですよね。結果的に2km位泳ぐことが多いので。でも、ボートで行くと楽ちんでした。

おまけにマンタちゃんも来てくれました。大きな口を開けてプランクトンが多い潮目のような場所にいました。
Wad_3919

Wad_3925

とにかく楽しい一日でした。
興味のあるい方は下のリンクから申し込めます。また面倒な方は和田タイチョーにメールしていただいてもOKです。

野生のイルカと泳ぐツアーはこちら

これは日本のお客様にもお勧めできます。料金は送迎付きで大人$175、子供$140です。
また何か楽しいことがあったらお伝えします。Aloha~!

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

バードウォッチングツアー用デジスコセット

バードウォッチングツアーに使うために準備を進めている、デジスコがようやく使える状態になりました。デジスコってはじめて聞く方も多いと思いますので、簡単にご説明しますね。

そもそも野鳥の写真を撮る目的で普及してきた、写真の撮り方というかシステムの名前になります。鳥は小さくてなかなか近づく事もできないため、コンパクトデジカメで撮っても黒い点にしかなりません。デジタル一眼レフカメラのバツーカ砲のような超望遠レンズでようやく何とか写るという感じです。しかし、そのシステムは重く、何より数百万円という金額ですので、趣味でやるには高額すぎます。

そこで考えられたのがフィールドスコープという野外観察用望遠鏡の接眼レンズにコンパクトデジカメを取り付け、超望遠撮影をするというのがデジスコです。

Img_2891
この写真のように、フィールドスコープにデジスコ用の接眼レンズを付け、それにカメラとスコープの接眼レンズを接続するカメラアダプターなどのパーツを使ってカメラを取り付けます。この時に光軸が合っていないとダメなので、それぞれカメラ専用のパーツが売られています。

とりあえず物が来るとすぐに箱を開ける性格なので夜でしたが組んでみました。いつも妻がニヤニヤしながら見ています。おそらくチビがプレゼントの箱を開ける時のような感じなので、チビと同じレベルだと思ってるんだと思います。この日は幸い妻はホノルルの姉の所に遊びに行っているので呆れられませんでした。

Img_2894_2
こんな感じになります。

Dsc_0437_3
水槽の中のイソギンチャクを撮ってみました。光軸がぴたりとあうので、手持ちで撮るのとは写りが違います。

テレビは拡大すると液晶テレビの3色の液晶ドットが写っていました。

Dsc_0434_2 Dsc_0434t1
写真は全てクリックすると大きくなります。
Dsc_0434t2 Dsc_0434t3

そして次の日、庭に出て鳥を試し撮りしてみました。私のフィールドスコープは大口径の82mmなので、ピントが浅くて非常にピント合わせがシビアでした。なかなか難しい。とりあえずYellow Billed Cardinal(キバシコウカンチョウ)がストーンウォールにやってきました。

Dsc_0472
ガーデンスパイダーというクモを捕まえてきたようです。我が家の庭にも、向かいの牧場にも良くいるクモです。しかしなかなかシャープに写りません。

Dsc_0475
呑んじゃいました。ずいぶんとまずそうなものを食べるんだね~

次はうちの家庭菜園の方にCommon Myna(カバイロハッカ)が来ました。我が家では九ちゃんと呼んでいます。

Dsc_0486
日本のムクドリに似ていますが親戚の九官鳥の仲間です。ムクドリはムクドリ目、ムクドリ科ですが、こちらはムクドリ目、ハッカ科です。

次はNorthern Cardinal(ショウジョウコウカンチョウ)が来ました。

Dsc_0545
こちらはいつも牧場の枯れた木の先に止まり、しばらくの間一生懸命鳴きます。毎日やってくる常連さんです。オスは綺麗ですね。

ショウジョウコウカンチョウの動画はこちら

鳴くときにこんなに背伸びするんですね。いつも一生懸命に鳴いているとは思ってましたが、動画で見るとすごいエネルギー使っているように見えます。

ショウジョウコウカンチョウのスローモーション動画はこちら

カメラの動画モードに400fpsと1200fpsのスローモーション機能が付いているので400fpsで撮ってみました。1秒間に400フレーム撮影して、30fpsで再生してスローモーションになります。

もうちょっとカメラにも慣れないといけないし、デジスコ撮影のテクニックも磨かないとお客様にうまく教えられないですね。

バードウォッチングツアーではこの機材をお貸しして、お客様には自分が見た世界を記録に残し、日本に持ち帰って頂く予定です。楽しいですよ、バードウォッチング!うちのチビも時々一緒にしますが、かなり気に入っているようです。皆さんも家族や友達同士でハワイ島に来て鳥観ませんか? 結構はまりますよ。 では、また。Aloha~!

和田タイチョー

| | コメント (2)

2012年3月13日 (火)

アイナヌイアドベンチャーズ 火山、溶岩情報 3/12/2012

今日は不定期に行っているアイナヌイアドベンチャーズのキラウエア火山の近況報告をします。長い間、プウオオから流れ出た溶岩は、我々が観る事のできない山の上のなだらかな斜面で進退を繰り返してきました。

現在の溶岩流はかつての住宅地“ロイヤルガーデン”を流れ、海岸線の緩斜面に到達し、今日現在海まで距離は約2kmです。もうすぐオーシャンエントリーが出来そうですが、3/11~12にかけて山の傾斜角がほぼ5マイクロラジアン デフレーションしました。山の傾斜角が下がったということは、山が膨張から収縮に転じた事になり、これはマグマの圧力が弱まったという事になります。そうなると溶岩の出に影響を及ぼします。経験上4マイクロラジアン程度落ち込むと、噴出量が若干減少する事が多いと思います。

今回も基準値からマイナス3、デフレーションに転じたときからみてマイナス5ですので、影響のある数字だと思われます。溶岩流の進みは足踏み状態、または固まり若干後退するかもしれません。しかし、チューブが上流まで固まってしまう事はないと思いますので、また溶岩の量が増えれば進んでくると思いますので、いずれにしても近い将来オーシャンエントリーが出来る公算は高いです。(1マイクロラジアン=100万分の1度)

Tiuwepoc1w

上記の表はUSGSのHawaiian Volcano Observatory のWEBからお借りしました。

これは同時にメインの火口ハレマウマウ火口の溶岩湖のレベルも下がるということです。明るさは必ずしも暗くなるとは限りませんが、液面が下がると溶岩湖の表面積が小さくなることは確かです。そうなってもマグマの対流が激しければ明るく光るのですがどうでしょう。

現在の溶岩がどの辺りにいるかを示した地図も貼っておきますので参考にしてください。こちらもUSGSのHVOの資料です。

Erz_episode61_6mar2012_near_l
赤い線で描いてあるのが現在の溶岩流の位置です。赤い線の一番左の流れが最後のロイヤルガーデンの生き残りのジャックさんの家を飲み込んだ溶岩流です。大きく分けてイーストローブ、ウェストローブの二つの流れになります。イーストローブは表面のブレイクも少なく、ウェストローブのほうが見応えがあります。

パリに現れた溶岩ですが、炭火のように転々と見えていたのですが、3/5からサーフェイスフローが活発になり、良い状態が続いています。

では、3/5のPali(崖)の溶岩の写真をご覧ください。とにかく遠いので、普通のカメラではなかなか写りません。

Dsc_0249
これは焦点距離10mm(フルサイズ換算で27mm)の広角レンズで撮りました。遠くのパリに溶岩が流れていますがわからないですね。(写真は全てクリックすると拡大します)

Dsc_0251_3
これが焦点距離30mm(フルサイズ換算81mm)の中望遠レンズで撮りました。肉眼で見るよりも少し大きく見える感じです。多くの観光客の方は双眼鏡も望遠鏡も持っていないので、このような見え方で見学しています。

ちなみに今まで重たい一眼レフのデジカメを持って行っていたのですが、この度バードウォッチング用にミラーレスのレンズ交換式のカメラを購入しました。

Img_28721
フィールドスコープとの相性が良いので、鳥の写真をツアーでお客様に撮っていただくように購入しました。スコープとカメラをつなぐブラケットを日本に注文していますが、まだ届いていないので手持ちでスコープに合わせて今回は使用しました。

では、アイナヌイの高性能Nikon社製フィールドスコープで眺めるとどうなるでしょう。

Dsc_0246
同じ場所から撮ったとは思えない倍率ですね。スコープの30~75倍のズームアイピースにカメラを合わせて撮影するコリメート法という方法で撮りました。カメラのレンズは10~30mmのズームで25mmの焦点距離で撮影しました。溶岩流の最下部でアア溶岩が斜面をコロコロ転がるのがはっきりと見えました。

動画はこちら

Dsc_0254
これはカメラのレンズを28mmにズームして倍率を上げて撮りました。辺りも薄暗くなってきたので手振れの限界を超え少しブレています。眼視ではかなり鮮明に見えます。アア溶岩が落石というか雪崩のように崩れだし、なかなかの迫力がありました。

動画はこちら

予断ですがこの日は日没後に高い雲が染まりきれいでした。

Dsc_0269
低い雲は下から太陽の光は当たりませんが、高い雲だけ太陽光が雲の下を照らします。

Dsc_0265_2
海も淡い色に染まりました。

Dsc_0276
夜のハレマウマウ火口は霧が良い具合に出て幻想的でした。このカメラ、ハイライトが白飛びしやすいのが難点。小さくて便利ですが、やはり写りはそれなりです。ちゃんと撮りたい時には重くても一眼レフを持って行かなくちゃダメみたいです。でも、雰囲気は伝わりますでしょ。月夜の晩は火山見学はなかなかGoodですよ。

3/6はこんな感じでした。

Dsc_0312
この日は主にパホエホエ溶岩で、滝のように流れていました。フィールドスコープのアイピースを30倍にして、全体の様子が写るように撮りました。カメラのレンズは18mmで撮影。

Dsc_0314
この日もなかなかの見え味でした。眼視では75倍まで倍率を上げて観て頂きました。倍率を75倍に上げると溶岩の表面が所々冷えて黒くなり、それらの模様が動いているのがわかり、ドロドロと流れているということが実感できます。やはり赤く見えるだけでなく、動きがあると見ていてワクワクします。

2日おいて3/9にまた行きましたが、まだ流れは良い状態でした。しかし、この日は小さなお子さんの参加という事もあり、溶岩の場所に到着したのが少し遅く、写真を撮るには暗くなりすぎてしまいました。超ブレブレの写真になりますが一応こんな雰囲気だったという事で貼っておきますね。

Dsc_0405
右上のほうにも溶岩がいますが、これが東側の流れになります。表面のブレイクは少なめです。

キラウエアのサミットが5マイクロラジアン落ちましたが、プウオオ噴火口は1.5ほどしか落ちていません。これが今後数日の溶岩の出にどのように影響するかわかりませんが、HVOはサーフェイスフローは弱まると予想しています。

また大きな変化があったら報告します。良い状態が続いてくれるとイイですね。
では、また・・・Aloha~!

和田タイチョー

| | コメント (0)

2012年3月 8日 (木)

和田タイチョーの家に子豚が遊びに来たよ~!

皆さん、ちょっとご無沙汰しちゃいました。お元気ですか?

ちょとツアー、プライベートと立て込んでブログの更新が滞ってしまいました。いろいろネタはあったのですが、時間が経っちゃうと記事にしにくいので今日は3/2の和田タイチョーの家での出来事を書きます。

ハワイ島は田舎なので、カイルアコナの街中にある和田家ですら、いろいろな生き物を見ることができます。七面鳥をはじめとする野鳥からヤギやマングースなどの哺乳類までいろいろ見れます。

特に和田タイチョーの家の向かいは森のような牧場なので、バードウォッチングも楽しめる位野鳥がたくさん暮らしています。昨日は夜遅く家に帰ったら、庭の芝生に顔デカの面フクロウちゃんがいました。メチャ可愛かったですよ。

さて今日の本題ですが、私の妻のナオがプリスクールに拓海を迎えに行こうと玄関を出るとなにやら変な音が・・・ 

小さな小さな音でブー ブー ブー と不規則に音がしたので、何だろうと思いキョロキョロすると子豚が走っていたそうです。私を呼びに来たのでカメラを持って玄関を出るとウリ坊がチョコチョコ歩いていました。

妻はそのままチビを迎えに行き、私は足音を消すため裸足でそーっと歩きながらブーちゃんを追いました。

Dsc_0144
可愛いでしょ~ 写真は全てクリックすると大きくなります。

Dsc_0139
庭をプチ冒険中。楽しそうでしたよ。

ではその時の動画をご覧ください。子豚がこちらに向かって歩いてきて、私の足の臭いを嗅ぎます。この頃の子豚は親が動きを止めれば習って止まり、親が動けば一緒についていくという感じで行動しますが、親がいないと警戒心がまだ無く、かなり好奇心が勝ってしまうようです。

子豚の動画

その後しばらく我が家の庭を冒険した後、親元に帰れるように背後から追いかけて牧場に連れて行きました。無事他の兄弟の所に帰った後の映像がこれです。

Dsc_0155
一番右で一匹だけ違う向きでいるのが我が家を冒険した子豚です。背中の黒っぽい模様が長いのが特徴です。左の2匹は黒、右の2匹がウリ坊でもう一匹少し離れた場所に黒が寝てました。

Dsc_0156
これが母豚です。食事に夢中で、わが子がプチ冒険に出掛けた事に気づいていません。しかし、野性なのになぜこちらの存在に気付かないのか?時々気付くとダッシュで逃げるので、この時はおそらく気付いていないのだと思います。のんきですね。天敵がいないからだと思いますが。

動画もありますのでご覧ください。
牧場に戻った子豚とその一家の動画

また遊びに来てね。

ついでにマングースもいたので撮ってみました。こちらも私に気付かずに、あたりの様子をうかがっていました。二度も声をかけたのに私を見ることはありませんでした。上の方の事には気付きにくいのでしょうか?

鈍いマングースの動画

ハワイの生き物は本当にのんきです。これで生き抜いていけるのだから、ここは彼らにとって楽園なのかもしれません。でも、もう少し警戒心を持ったほうがいいんじゃない?皆さんどう思います?

和田タイチョー

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »