ハワイ島のチャーターならガイド歴24年、キラウエアを知り尽くした和田タイチョーにおまかせ!ハワイ島探検隊の「和田探検隊日誌」

和田タイチョーの日々を綴る和田探検隊日誌

« グリーンサンドビーチに行ってきました。 | トップページ | アイナヌイアドベンチャーズ 火山、溶岩情報 1/12/2012 »

2012年1月10日 (火)

1/4/2012 グリーンサンドビーチハイキング

前回グリーンサンドビーチのツアーを報告しましたが、パーキングから車に乗って行きましたよね。今回は歩いて行って来ましたので、ハイキングの部分を中心に書きたいと思います。ちょっと風邪で寝込んでしまって報告が遅くなってしまいました。

この日も快晴で、強烈な日差しの下歩いてきました。歩き始めたのが11:13AMでした。このルートではイリマがたくさん咲いています。英語ではSidaといいますが、IlimaもSidaもオアフ島のタクシー会社の名前になっています。それもそのはず、この花はオアフ島の島花です、島のカラーは黄色。
Wad_3178

ハワイ島の島花はもちろんLehuaですね。島のカラーはレッド。日本の方には珍しい植物もいましたよ。ハワイ固有のアサガオの仲間で小さく可憐なPau O Hiiaka ヒイアカのスカートという意味で、ペレがヒイアカたちとビーチに行き、ペレがサーフィンに夢中になり、ヒイアカのことを忘れてしまい、ふと思い出したペレは慌ててヒイアカの元に戻りました。強い日差しに焼かれてしまったと思ったら、この花が影をつくりヒイアカを守ってくれたそうです。
Wad_3179

なんとも淡い色合いで、大きさも直径15mm程度でとっても可憐です。アサガオ同様合弁花で花びらは一体になっています。

ハイキングは海沿いの平地ですが、ほんのわずか行きが上り気味です。GPSによると標高差はわずか25mほどでした。幾度と無く車が走り削られたわだちには、グリーンサンドが風で飛ばされ降り積もっていました。このわだちはいったい何台の車が通ってここまで削られたのでしょう。
Wad_3186

わだちが深くなると新たなルートを車が走り、新しいわだちが次々と出来ていきます。まるで都会の縦横無尽に走る高速道路網のようなわだち。
Wad_3190

この幾つものわだちは全てグリーンサンドビーチと結ばれていますので、遠回りをしたとしても迷子になる事はありません。

どのルートにしますか?
Wad_3193


12:06 プウ マハナが間近に見えてきました。とにかくハイキング中はこれを目標に歩きます。最初は遠いのですが、ここまで来たらもう着いたも同然。テンション上がります。
Wad_3200

12:12 湾の南西の縁に着きました。この海の色を見たら疲れも吹き飛びます。
Wad_3212

マハナベイをバックにお客様の丹野ご夫妻の写真撮影。
Wad_3232

ビーチはこの日もたくさんの観光客が来てました。欧米人のバケーションシーズンはけっこう賑わっているようです。昔訪れたときは誰もいなくて貸し切り状態だったんですけどね。
Wad_3255

丹野さんは泳ぎたくなっちゃって水着を持ってこなかったことを少し後悔しているようでした。たしかにこの天気だと誘惑されますね。

誰かがビーチに砂でHonuを作っていました。大人のオスですね。メインのハワイ諸島ではではめったに見ないですね。大人になると北西ハワイ諸島に旅立ってしまうので。
Wad_3258

風が強いので、風がしのげる場所を探し湾の外に出る事にしました。崖の上の風が来ない場所でランチタイムです。
Wad_3264

今回はプナルウベーカリーのホットパストラミサンドイッチです。チーズとパストラミがよく合います。パンはスィートブレッドのバンズです。丹野さんの手に持っているのがそうなのですが、ごめんなさい、写真撮るの忘れました。

下を見るとダイパーをした子供が来てる・・・さすがアメリカ人、チビをどこにも連れてくる。夜の溶岩ハイクに赤ちゃんおぶってきたり、けっこう無茶します。おぶって来たのか、車で来たのか?
Wad_3269

みんな気持ちよさそうでしょ
Wad_3274

きれいなビーチに別れを告げて、帰路につきます。行きは風に向かって太陽を背に歩くので涼しかったですが、帰りは日差しをまともに受けるため、行きよりも暑く感じます。ハイクが終わると私はアルピニストのように、日焼けでサングラスの跡がくっきり残り、額、鼻、頬の皮が剥けました。毎日日焼けをしているのに・・・・久しぶりに皮が剥けました。恐るべし最南端の日差し!

今回もまたまた元祖グリーンサンドビーチよりもはるかにグリーンな砂の“とってもグリーンサンドビーチ”に寄りました。ここは岩場で、砂が打ち上げられているので泳げませんが、とにかく砂の色がメチャきれい。
Wad_3276

今回感じたのですが、砂の粒の大きさの違いと他の色の砂との割合が違うのだと思います。宝石で出来たビーチ。拡大するとこんな感じ。
Wad_3278

いやぁ~気持ちイイ~!上を向けば視界は全て空。横を見ればきれいな海とどこまでも広がる草原。でっかいなぁ~この島。
Wad_3294

帰りもいろいろと面白いものを発見。丹野さんいわく、碁石海岸みたいだ~
Wad_3303

わだちもまるで溶岩の柱状節理のような地形。柱状節理が頭に浮かぶのは火山好きの私ぐらいかもしれませんね。下のほうには水溜りが作ったのでしょうか、一定の高さに線が入り一種のバスタブリングでしょうか。
Wad_3305

えぐれた所は根が出てました。こんなに深く根を張ってるんですね。水を求めてすごいですね。みんな必死に生きてます。
Wad_3308

サウスポイント名物 風下に伸びる木。風上側は強風と乾燥により葉を落とし気味で、風下に葉を多く付け、幹も風下に向かって伸びます。植物は通常枝を上方に伸ばしますが、この木は枝までもが下に伸び、地を這うように風下に伸びています。上に伸ばした枝はほとんど葉を剥ぎ取られています。
Wad_3312

14:30 3時間15分のハイキングを終えサウスポイントに移動。

今は使われなくなった小さな灯台。この海側にハワイアンたちがカヌーの係留用に溶岩に穴を開けた物が残っています。この辺りがポリネシア人が最初にハワイを発見し上陸した地といわれています。
Wad_3323

Wad_3328

Wad_3332

そのちょっと東側に突き出た部分がKae Laという最南端があります。Kae Laは英語にするとPointです。先端とか岬という意味になりますね。波があるので本当の最先端までは行けませんでしたが、濡れない程度に先まで行ってみました。

iPhone のMap機能で自分の場所を確認しながら一番南へ移動。ブルーの点がGPSの場所です。
Wad_3337

コンパス機能で緯度経度を見てみます。
Wad_3338

こんな景色です。この方向にはもう南極大陸まで何も無いですね。若干西にずれて約1900km彼方には、温暖化で今にも沈みそうなキリバスがあります。南極もキリバスもCO2なんてほとんど出していないのに、本当に申し訳ない気持ちいっぱいです。この岬も沈んでしまうのでしょうか。
Wad_3339

今回は南を探検してとっても楽しかったです。やっぱりハワイ島はいいなぁ~! 今回一緒に楽しんだお客様は私のツアーに6回目の常連さん。ハワイ島をこよなく愛してくださり、いつもハワイ島のことを気にかけてくれています。先日私のツアーに10回以上という別の常連さんがハワイ島に来ました。またどこかにお連れする予定ですが、本当にハワイ島を愛してくれる人が増えてきて嬉しく思います。いつまでもこの島が楽園であり続けられるように、私も頑張ってハワイ島の類まれな自然や人の心の温かさを伝えていきたいと思います。

実はこの帰り道に、また面白い場所を見つけましたので、またご報告します。今日はとりあえずここまで。    つづく

|

« グリーンサンドビーチに行ってきました。 | トップページ | アイナヌイアドベンチャーズ 火山、溶岩情報 1/12/2012 »

ハワイ島探検隊ツアー」カテゴリの記事

コメント

和田タイチョー様
“恐るべしハワイ島 恐るべし和田タイチョー”
グリーンサンドビーチ、最高でした!!
行き帰りに寄り道したところも、また楽し。
ハワイ島の奥深さ、楽しさを十分に満喫しました。
いつの間にかハワイ島8回目のヘビーリピーター
になってしまいましたが、タイチョーのガイドは
毎回パワーアップしていますね。
私たちがハワイ島にはまったのもタイチョーのせい
です。この責任はしっかりとっていただきます。(笑)
次は何を見せていただけるのか今から楽しみにしています。
お体、ご家族を大切に益々ご活躍されることを祈念
しております。
たんの拝

投稿: | 2012年1月12日 (木) 03時16分

丹野さん、ちょっと風邪で寝込んでしまって、お約束果たせなくてスミマセンでした。お土産の萩の月とろけそうに美味しいです。ありがとうございます。

ハワイ島の奥深さは計り知れませんね。本当に毎日が発見で、我々ガイドも驚きの毎日です。こんな島、何度来ても飽きるはずがありません。まだまだネタはありますのでご安心ください。次回もまたノックアウトしますよ。

本当にチャーター専門にして良かったです。これはガイドのスキルを上げる効果もありますね。これからもパワーアップしていきます。体力以外で。またのお越しを待ってます。ありがとうございます。Aloha~!

投稿: 和田タイチョー | 2012年1月12日 (木) 22時14分

この記事へのコメントは終了しました。

« グリーンサンドビーチに行ってきました。 | トップページ | アイナヌイアドベンチャーズ 火山、溶岩情報 1/12/2012 »