ハワイ島のチャーターならガイド歴24年、キラウエアを知り尽くした和田タイチョーにおまかせ!ハワイ島探検隊の「和田探検隊日誌」

和田タイチョーの日々を綴る和田探検隊日誌

2015年5月12日 (火)

4/23 頃からキラウエア溶岩湖が見えはじめました!

皆さんのんにちは。和田タイチョーです。

今日は皆さんに嬉しいニュースです。
噴火はしているのに、なかなか生身の溶岩を見せてくれなかったキラウエア火山ですが、久しぶりに素晴らしい光景を目にすることができています。

2008年3月より誕生した、ハレマウマウ火口内のオーバールッククレーターですが、夜になると噴煙や壁面を溶岩湖の溶岩が照らし出し、迫力の光景が我々を楽しませてくていました。
しかし生身の溶岩は見えませんでした。プウオオの溶岩流も見えない場所を流れ、陸からは見ることができませんでした。

そんな中、とうとう溶岩湖の液面が、ジャガーミュージアム展望台から見えるようになりました! 液面は上昇を続け、4/27日にはクレーターエッジからわずか2mまで迫り、4/29朝にはとうとうクレーターリッジを超えて、ハレマウマウのクレーターフロアに流れ出しました。

まずは、4/24のツアー中に撮った写真を御覧ください。
写真撮影をしたい方は、どの機材を持ってこようか悩むところだと思います。デジタル一眼の場合は特に望遠レンズは大きく重いため悩みますね。各焦点距離で撮影した写真をアップしますので参考にしてみてください。焦点距離はフルサイズ換算です。

溶岩湖の液面が穏やかな場合(80mmで撮影)
D75_3958rm
写真は全てクリックすると大きくなります(無断使用禁止)

同じものを200mmで撮影(これをリミングしたらまずまず迫力出ますね)
D75_3941rm

400mmで撮影するとクレーターが画面から少しはみ出す感じです。
これをトリミングするとかなり湖面の詳細な写真になります。ピントと湖面がゆっくり動くため意外と被写体ブレが起きます。シャッタースピードはある程度早めの方が結果が良いです。
D75_3952r

上の写真は非常に穏やかですが、多くの場合バブリングという泡立ち現象が起きます。二日目のカレーを温める際に、表面に膜が張っていますが、やがて鍋の底から熱せられたカレーの水分が蒸発し、蒸気の泡が膜を突き破りブクブクと音を立てて吹き上がりますね。それと同じような事が起きます。ここからの写真はバブリングを中心に撮影しています。

バブリングが起きると迫力が増します。もし観に行った時に穏やかだったら、少し粘ってバブリングが起きるのを待ちましょう。下の写真は上の写真の13分後の写真です。奥で高温のマグマが湧き上がり始めました。
D75_3972

こうなると人間欲が出てきて、もっと拡大して観たくなります。弊社のツアーでは、バードウォッチング用にNikonのEDレンズを使った大口径フィールドスコープを使い、迫力のバブリングのドアップを眺めて頂いています。また、各自にも広視野の双眼鏡をお配りして、常に迫力のシーンを御覧頂いています。

穏やかな状態から、バブリングが始まる様子を動画で撮りましたので、その変化をお楽しみください。

フィールドスコープのアイピースにスマホやコンパクトデジカメなどを付けて撮影などもしています。下の画像はデジスコーピングで撮影しました。(合算焦点距離 1134mm)
Dsc_7434rm

ここまで温度差(光度差)が出ると、なかなかカメラの露出が難しくなります。溶岩が眩しく光ってディテールが写っていない上の写真でさえ、露出補正は-2段にしています。

より望遠で画面いっぱいに明るい部分を入れると、露出面では楽になりますが動きが早く被写体ブレやカメラブレが出ますので、しっかりとした三脚が必要になります。下の写真は合算焦点距離2430mmで撮影しました。露出補正は-1.3です。
Dsc_7300rm

この後バブリングは目視で18m程度に広がりました。下の画面の中に電車一両ははみ出すけど、アメリアの大型トレーラーはスッポリ入るという感じでしょうか。画面からはみ出したため、焦点距離をふたたび1134mmにして撮影しました。
Dsc_7333rm

液面の上昇に伴い、クレーター壁面は加熱されて膨張収縮を繰り返します。膨張によりひずみが生じて、岩は割れて猟銃を撃ったような音が響きます。肉眼ではなかなか気付きませんが、望遠鏡で眺めていると頻繁に壁面の小規模な崩落が起きていることがわかります。下の動画にも小さな壁面崩落が何度も写っています。

4/29の深夜2時にコナを出発し、早朝4時過ぎからたっぷり溶岩湖を観察しました。
日没後の混雑は尋常ではありませんが、早朝は場所も空いていますし、じっくりと観察や撮影ができます。帰ってから眠くなりますが。

クレーター内で2ヶ所から激しくバブリングしていました。
D75_4071r

この日はクレーターリムを溶岩が超えて、ハレマウマウのクレーターフロアに溢れだしていました。丸いクレーターの外に大量のパホエホエ溶岩が流れているのが見えます。
D75_4152

辺りはかなり明るくなりました。霧雨に悩まされて、思い描いたクリアーな写真はとれませんでした。でも、鳥のさえずりの中でこの光景を見るのはちょっと新鮮でした。
D75_4195rm

D75_4271rm_2

5/8の朝には、とうとう溶岩湖のレベルがハレマウマウのクレーターフロアより8mも高くなり、ハレマウマウクレーターフロアのかなりの部分を覆ってしまいました。
D75_4322rmt

昼間でも溶岩は良く見えています。やはり美しさでは夜ですが、夜まで滞在できない方には朗報ですね。以前は昼間は白い煙しか見えませんでしたからね。

昼と夜の見え味の違いがわかるように、同じ日の昼と夜の動画をお見せしますので、参考にしてみてください。では、昼間の動画をご覧ください。

こちらは夜の動画です。

以上、参考になれば幸いです。
今後のキラウエア火山情報は追ってアップしていきます。

最後に、日本では多くの活火山で活動が活発になっております。箱根火山周辺はGWに発生したこともあり、観光業に痛手となったと聞いています。箱根でも安全な場所と危険な場所があります。立ち入りが規制されている場所には近づかないと言う事は大切ですが、安全な場所までひとくくりにしてしまうのは、地域の方々にとって死活問題となります。ネットの噂などではない、正しい情報を調べることが重要です。

残念ながらニュースや新聞でさえ脚色されて大げさに騒ぐ場合もあります。ハワイ島は昨年そのような心ない報道により、観光客が減った経験があります。同じような風評被害が箱根などで起きないことを祈ります。

もちろん今回のキラウエアの変化が、観光客や住民にとって大きな脅威になることはありません。危険な場所は入れなくなりますので、立ち入りが認められている場所は安全に観光できます。1912年に全米初の火山観測所ができて以来、100年以上継続観測をしている火山です。爆発噴火を極めて起こしにくいという特異な噴火様式(キラウエア式、ハワイ式噴火)と膨大なデーターに基づく危険予知が進んでいる火山です。

日本の皆さんが安全に火山を楽しめるように、正しい情報を集め万全の体制でディープにご案内するがアイナヌイの火山ツアーです。ハワイ島に来る全ての観光客が、他ではなかなか観ることができない光景を楽しめることを祈っています。

Aloha!

| | コメント (1)

2015年4月24日 (金)

2015年の仕事中に撮った写真Part2

みなさん、Aloha~!

日本は日照時間が短く、一部の野菜やフルーツの生育不良で、農家の方々は大変だというニュースを見かけました。自然と密接に関わるお仕事は、天候に左右されほんとうに大変ですね。

我々ネイチャーガイドも天気図や衛星画像とにらめっこしたり、風向や湿度、気温などから雲の高さを予測して、どの程度の標高まで行けば星が見えるかなどを考えながらツアーを行っています。

オフィスの中で仕事をしていると気づかない、日々の微妙な空気感の違いなどを感じながらの仕事は、私には合っているようです。

さて今年のツアー中に撮った写真をご紹介するPart2です。下手くそな写真でなかなかビッグアイランドの良さが伝わらないですが、そこはみなさんの想像力でカバーしてください。

ごく手前は晴天率が高く雨が少なく、草原になっていますが、マウナケア山腹は雲に覆われやすいため、ママネ&ナイオの森が広がります。マウナケアの上部で森がなくなるラインが有りますが、そこが森林限界です。森林限界から上は樹木は生えることができません。その上には写真ではわかりませんが、高山植物などが生える領域が有り、その上は植物限界を超えて、不毛の地となります。この時は冠雪も見られます。
D75_1944rm
(写真はすべてクリックすると大きくなります)

もう一つの巨峰 マウナロアもマウナケアと35mしか変わらない高山です。マウナロアは記録が残る1843年以来172年で33回も噴火を繰り返しています。これは平均すると約5年毎に噴火する計算になります。実際には不定期で毎年噴火した時もあれば、今回のように31年も噴火しない時もあります。去年の夏から、以前の噴火と同じパターンの地震や傾斜計の異常などが起きています。この山肌に見られる溶岩流の跡が、この山がマウナケアとは違い、非常に活発な活火山であることを教えてくれます。
D75_1947r

見渡すかぎりの溶岩大地はキラウエアの比ではありません。この美しい楯状火山の裾野の長さから“Mauna Loa” 長い山という名がつきました。サウスポイント~カルデラ~ヒロまでの長さは何と120km!写真の場合、左の延長上にヒロ、右の延長上にワイコロアとなります。
D75_1948r

ヒロのベイフロントは度々津波の脅威にさらされてきました。そんな中で向きが良くて助かったのが現在残っている歴史のある町並みです。中でもこの写真のPalaceという映画館は1925年に建てられ、無声映画の上映をしていましたが、途中で音が出るように改装され、現在に至る歴史ある映画館。1925年といえば日本では大正14年で90歳の映画館です。モノクロにしてみました。
D75_1954rm_2

ハワイ火山国立公園には、貴重なハワイ固有の生き物たちがたくさん暮らしています。ホノルルで見かける動植物は、残念ながらほとんどが人の手によって持ち込まれた外来種。ハイビスカスもプルメリアもココナツもバニアンツリーも、多くの人がハワイらしい植物として頭に浮かぶ植物は外来種なのです。ハイビスカスはハワイ固有種も有りますが、植物園や民家の庭では観ることができますが、野生のハワイ固有のハイビスカスを探すのは非常に困難です。ハワイ島ではまだまだ貴重な動植物を観ることができます。そんなハワイ島でも絶滅が心配されている貴重な植物があります。その一つがこのHawaiian Catchfly(ハワイムシトリナデシコ)です。ハワイ広しといえどもハワイ島でしか見ることができません。アメリカ連邦政府によって絶滅危惧種に指定されています。保全状況はG2ですので、全地球レベルでの保護で総個体数は1001個体~3000個体ということになります。
D75_1974rmt

火山の神ペレが住むというキラウエアカルデラ内のハレマウマウ火口周辺には、ペレの好物と言われるハワイ固有のオヘロが自生しています。その昔は人間が食べることを禁じられていた禁断の果実ですが、現在ではジャムなどの加工品も売っています。新芽は鮮やかな赤ですが、赤は自然界では警戒色でもあり、ポインセチアのように毒を持つ者もいます。赤い新芽は一部の草食動物は敬遠して食べないという事もあるので、生き抜くには有利かもしれません。もっともハワイ人が来る前のハワイは、草食獣はいませんでしたので、敵は主に虫たちですので、今ほど深刻な食害は無かったと思いますが。
D75_1980rmt

こちらはハワイ固有種のプキアヴェの小さな小さな花。オヘロと同じツツジ科ですが亜科違いです。非常に小さな葉と花で、特に花はよく探さないと見つかりません。老眼の和田タイチョーは肉眼では形がよくわかりませんが、ルーペで見ると非常に美しい花で驚きます。こんな小さな世界にも目を向けるのが、和田タイチョーのハワイ島探検隊ツアーの特徴です。オヘロとともにプキアヴェもネネちゃんの大事な餌となります。
D75_1999rmt

1969年のイーストリフトゾーンで起きた1.5kmにも及ぶ割れ目噴火で、チェーンオブクレーターズロードも寸断され、地熱地帯だった現在のマウナウルから540mの溶岩噴泉が上がり、1974年までの5年間に広大なオヒアの森が消失しました。その割れ目火口付近には、森の名残の溶岩樹がたくさん出来ました。実に様々な形をしていて、想像力を働かせて観察すると時間を忘れてしまいます。私はこの溶岩樹はお猿の横顔に見えます。奥にはマウナウルシールド火口から蒸気が出ています。
D75_1986rm

この日の夜のハレマウマウのオーバールックベントの上空には、低い雲が覆いかぶさり、間接照明のように雲が光り、火口周辺を明るく照らしだしました。2008年3月以降噴煙を上げ続けるハレマウマウ。直径200mにもなる溶岩湖を覗いてみたいものです。
D75_2003rm

同じ日のスチームベントです。ヘッドライトに照らし出された蒸気の奥には、ハレマウマウの赤い噴煙が見えます。昼間とは全く別の世界が夜のキラウエアには存在します。何が観たいか、何を感じたいかで場所と時間をアレンにできるのが、オーダーメイドのプライベートチャーターの最大の魅力です。どんな事でも相談してください。希望を叶えるために全力でツアーをアレンジします。
D75_2023rm

今回は以上です。
またPart3をお楽しみに~!

Aloha~!

| | コメント (0)

2015年3月18日 (水)

2015年の仕事中に撮った写真Part1

みなさんAloha!

日本も春の訪れを告げるように、たくさんの春の花が咲き、気温も暖かい日も増えてきたようですね。梅の花の美しい写真をFaceBookなどで見かるようになり、遠くハワイで楽しんでいます。厳しい四季がある分、美しい自然のイベント多い日本です。

ハワイ島には日本の様な四季はありませんが、それでも季節ごとの自然のイベントはたくさんあります。雪化粧をするマウナロア、マウナケアの両山頂、冬の渡りでやってくるザトウクジラ、季節の花々と気をつければ季節も味わうことができます。

そんなハワイ島の2015年の冬から春までの、仕事中に撮った写真をアップしてみます。

お正月明けは強い風が吹きました。プナルウ黒砂海岸は体に砂がバチバチ飛んで来て痛いほどでした。空気はきれいでしたが、海はシケ模様。
Img_7455

Img_7456

水源のコハラ山で降った雨で増水したケアヌイオマノ・ストリーム。普段は矢まで振った雨が湧水として湧き出し流れ、また水はけの良い玄武岩に浸み込み、海に行く前に枯れてしまう小川ですが、この日は海まで勢いよく流れていました。年に数えるほどの珍しいことです。
Img_7461

ウィンターストームの影響で、いつもの事ですが折れやすいロブスタユーカリが電線を切断し、ワイメア~ホノカア周辺は停電となりました。いつも思うのですが、ユウカリとアルビジアは道路沿いから撤去すべきです。本当に危険な木です。
Img_7464

ワイピオ渓谷のATVのツアーにお連れしたのですが、前日からのストームの影響でツアー催行されるか不安で、業者さんに電話しても留守電。連絡が付かずとりあえず現地に行ってみることに。ワイピオ周辺は携帯電話が通じないのですが、固定電話も停電でアウト。ATVのコースが倒木で走れずキャンセルになり、ワイピオシャトルは運行するとの事で、急遽ワイピオシャトルに変更して谷の中を楽しんできてもらういました。こういう日は臨機応変に対応するしかありません。空き時間に渓谷をルックアウトから展望しましたが、川の水が濁流だった為海はきれいに二色に分かれました。
Img_7465

ワイメアのパーカーランチから雪化粧のマウナケアが顔を出しました。乾季には茶色い草原ですが、折からの雨で緑になりました。
Img_7468

Img_7470

ハワイ島北東部の熱帯雨林地帯のアカカの滝州立公園から、マウナケアが見える日は少ないですが、この火は雪をかぶったマウナケアが良く見えました。この日はハマクアがリーワードになったため気鋭に晴れ上がりました。ハワイ島は風向きによっても天気が大きく変わります。
Img_7560

2月の初旬のコナの町にある、ハワイ最古のキリスト教の教会モクアイカウナ教会。
1820年に開かれた教会で、今の建物が完成したのが1837年。それ以来コナのランドマークになっています。ちなみに私はここで結婚式をしました。
Img_7614

早朝の聖地プウホヌア・オ・ホナウナウです。まだマウナロアの稜線から太陽が昇っていない時間で西の空はまだほんのり薄暗く、月がまだ存在感を残していました。ヤシもシルエット状態で、朝のパキッとした空気感に包まれています。
Img_7620

ついに太陽がマウナロアから上がってきました。背の高いヤシはいち早く陽光を浴び温かさに包まれます。一日の始まりを感じさせる一瞬です。早起きは三文の徳と言いますが本当です。
Img_7623

ハワイアンの王家と使える者たちが朝食を終え、Halau(カヌー小屋)からカヌーを漕ぎ出しそうな雰囲気。早朝はほかに観光客もいず、普段とはまた違った雰囲気で、想像力をかきたてられます。
Img_7628

ポリネシア人が最初にハワイに上陸したといわれるサウスポイント。どこまでも青くマーケサスから約3500kmのた旅をした人々は、この地に立って何を思ったのだろう?そしてどんな風景だったのだろう?
D75_2687rm

D75_2689rm

フラとウクレレの3人のお嬢さんたち。一見ウクレレ漫談が始まりそうですが、強い思いがあってハワイ島にやってきました。でも車内は爆笑の連発でしたが。
Img_7633

プナルウ黒砂海岸ネタをも一つ。ここにはスイレンとホテイアオイが咲く池があります。その周りにはトロピカルアーモンドの木が生えていますが、この木は落葉時に紅葉します。常緑広葉樹ですから、日本の紅葉の様に一斉に赤くなって散っていくのではなく、緑の葉と紅葉が同居する紅葉です。大きめの葉は紅葉すると近くで観るととても美しいです。
Img_7637

以上、1月~2月初旬の写真でした。

また、続編をアップします。
では、また Aloha~!

| | コメント (0)

«タイチョー号シエナの窓のウォータースポット取り